So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ファミリービジネス [映画]

1989 アメリカ
12/02(土) 19:00 -
BS日テレ|114分(上映時間 110分)

--主役となる泥棒一家三代をショーン・コネリー、ダスティン・ホフマン、マシュー・ブロデリックといったスター俳優が演じている。しかし映画としての評価は芳しくなく、興行収入も期待を大きく下回った
--
家族の絆を描くことをメインにしたようで、それを笑いというか幾分ほのぼのとした感じで描かれており、上記のように盗みを題材にした犯罪ものなんだけど、その盗みをやる場面などの部分は弱い。盗みに入る場面なんかは緊張感がほとんどない。
つまらなくはないんだけど、全然集中できなかった。自分のほうに責任があるんだけど。

共通テーマ:映画

仮想通貨について [つぶやき]

ほとんど関心なかったが、最近の過熱ぶりで嫌でも色々耳に入ってきて、仕組みなんかも概略としてはわかってきて、色々気づいたことがあった。
そして、昨日くらいから「NEM」の件が報道され大騒ぎになっている
--
コインチェック、580億円相当の仮想通貨「NEM」なぜ消失
産経2018.1.27 08:23
--

なので、その気づいたことを羅列しておきたいと思う
2ちゃんねる先オプスレでの自分の書き込み+納得のいく他人様の書き込み
--日経225先物オプション実況スレ29743

835 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:24:52.66 ID:XJq1/KdE0 [3/18]
ブロックチェーンの技術がすごいのはわかったけど
それとコインの価値が暴騰することとは結びつかんわ

845 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:27:04.98 ID:XJq1/KdE0 [4/18]
ブロックチェーンを売り物にしてる会社の株買ったほうがいいわ

875 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:33:06.79 ID:XJq1/KdE0 [6/18]
仮想通貨の優位性を煽ってたアナルリストっている?
ラジオ日経に出てる田代ってどんな感じだったっけ

887 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:35:29.91 ID:XJq1/KdE0 [7/18]
信用度も汎用性も仮想がリアル通貨凌駕するときが来るとは思えない

924 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:42:51.35 ID:XJq1/KdE0 [10/18]
発行に上限があるそうだけど、その希少性で高騰するってのも変。
通貨なんて交換するためにあるんだし、ある仮想通貨が手に入らなければ
別のものが出てくるだろうに

949 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:49:39.08 ID:XJq1/KdE0 [12/18]
通貨レートは相対評価なんだから一方的に高騰とか
一方が相当に弱くなってるわけじゃないのに、怪しいと思わんのかね

951 名前:山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:49:54.87 ID:GsDn4I1ma [3/7]
世界中の取引所に今回の事態を通知し、この
目印が付加されているXEMは盗難されたものであり、
取引や換金を拒否すべきものだ、というのが一目瞭然となります。
世界中の取引所に今回の事態を通知し、
この目印が付加されているXEMは盗難されたものであり、
取引や換金を拒否すべきものだ、というのが一目瞭然となります。


拒否すべきなのが一目瞭然と言うけどさ
善意の第三者(藁)が買い取れば終わりじゃんw

968 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 12:53:25.02 ID:XJq1/KdE0 [14/18]
>>951
買い取ったコインにも「盗難」って刻印されてるんじゃね

まー、でもじゃあ今後、だれが「このコインは不正」って決めるのか
という問題もあるか

--日経225先物オプション実況スレ29744
332 名前:山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 14:36:25.97 ID:dqIPmM5l0 [21/34]
>>328
99 名前:承認済み名無しさん[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 13:49:17.80 ID:M6Kr5rmp
伝説のトレーダーもこのザマ

藤巻 健史(経済評論家・参議院議員)@fujimaki_takesi

終わってPCの前に座ったら「取引所・コインチェック」(CC)への不正アクセス被害のニュース。ショック!
私も*千万円がCCのウオレットの中に残っている(ビットコイン)のだ。もっとも昨年2月からやっているから
投入資金はそこまでは大きくない。(続)

昨晩はすべてのビットコインを失うのでは?と思っていたが、そこまで事態が悪くはない可能性もありそうだ。
今後を冷静に見守りたい。こういう混乱期の収拾には、まずは専門家集団に任せるべきだ。
金融に危機がくるたびに、ド素人が知ったかぶりで突然現れた。(続)

このようなことがあるから確かに取引所への政府の介入は必要かもしれない。しかし政府は取引所への
介入は出来ても仮想通貨自体には介入できない。法定通貨から仮想通貨への移行はどの国の政府も
止められないだろう。(続)

ブロックチェーンがもたらす社会プラットフォームがあまりにも素晴らしいからだ。それなら政府は
その流れに乗った方がよい。

339 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 14:38:31.34 ID:s8NKuHAR0 [11/25]
なんでこんなにえばってるのだろうw 

このようなことがあるから確かに取引所への政府の介入は必要かもしれない。しかし政府は取引所への
介入は出来ても仮想通貨自体には介入できない。法定通貨から仮想通貨への移行はどの国の政府も
止められないだろう。

355 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 14:42:10.94 ID:s8NKuHAR0 [14/25]
いまの通貨の仕組みにブロックチェーン技術を組み込めばいいじゃん

358 名前:山師さん@トレード中[] 投稿日:2018/01/27(土) 14:42:44.82 ID:zlEXtb2K0 [10/21]
>ブロックチェーンがもたらす社会プラットフォームがあまりにも素晴らしいからだ。

もうわけがわからないよ。。。

370 :山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2018/01/27(土) 14:45:57.03 ID:s8NKuHAR0 [17/25]
>>358
リアル通貨と敵対みたくなるのがいかんわ
通貨なんだから使える場所広げなきゃ
まー実際はヤー公とかの黒い金なんだろうけど

864 名前:山師さん@トレード中[] 投稿日:2018/01/27(土) 16:29:38.21 ID:t963OUt40 [6/12]
そもそも仮想通貨をなんで換金するという思考になるんだろうな
仮想通貨はもともと仮想通貨を使ってほしいものを買うものであって
ギャンブラーが殺到すると必ずぶっ壊れるよな






共通テーマ:映画

必殺仕事人の新作 「必殺仕事人2018」 [映画]

昨夜(1/7)放送
見逃したぁぁあああ
録画を見終え、テレビに戻したときに気づいた。50分ほど経過。そこから録画し始める。チョコチョコと放映のリアルタイムでも見た。中村主水が復活だそうで。どうせ失敗だろうな。うまくいくわけがない。そのシーンも1シーン見たけど、余計なことやんなきゃいいのに。復活って生きてたことにするのかいな。まあ旅に出たという設定で消え去ったと記憶しているが。
さて再放送あるのだろうか。今までみてきた感じからするとなさそう。調べてみると、新作が放映される時期に合わせて前回分が再放送されるというような書き込みが散見できる。ううむ。
録画できなかった部分だけどこかの動画サイトで探してみようか・・・。不覚

1/26追記
動画サイトで探し、録画し損ねた部分を視聴。残りは録画で。
放映日は2018年1月7日21:00 - 23:10にテレビ朝日系列。
タイトルはシンプルに「「必殺仕事人」となっているようだ。

動画サイト、無料だから文句は言えんが紛らわしいものが多数アップされている。つべにはなかった。デイリーモーションにて。
2分割、3分割でアップされているようなのだが、パート1とされているものを見ても、頭が切れているのか、音楽が途中だったり、セリフが途中だったり。ようやく最初かららしきものを見つけたが、これもちょっと微妙。星田英利がお菊に依頼している場面から。ウィキを見ると、そこが冒頭らしく、ちょっと頭が切れてるのかもしれないが、面倒になり、それで妥協。
テレビでネットに接続する方法があるらしく、つべにはすぐつながるようなのが、ほかのデフォルトで表示されてないサイトに行く方法がわからず、調べるのも面倒であきらめてPCにて視聴。そういえば、一時期テレビでつべを見ていたが、それも今は全然やっていない。そのやり方も、テレビで表示されるつべに自分のIDでログインすると、PCと連動できるので、動画の検索がはかどるのであるが、その方法も忘れてしまった。

内容については、いろいろ言いたいこともあるが、まあこんなもんなのだろう。評価できない面多々。評価できるところは、メインテーマがいま世界で頻繁に行われている子供を使ったテロを題材にしており、そのチープさが必殺らしく、面白くはないが、まあいいんじゃないかと思う。
主水が出るという演出はダメだろう。やっぱ新しく取ることできないから、ほんの少ししか出すことができない。こんなものはいらん。
ストーリー上の小五郎の子供のころの因縁だとか、リュウの記憶喪失なんかも無駄に見えた。
仕事人メンバー。リュウは論外。涼次、いいところもあるんだけど、せりふ回しの気取ったところがどうも浮いてしまう。遠藤憲一、シリーズでだんだん馴染むという経過を経ていないので、色を出そうとして苦戦してしまっている感じ。
敵役、奥田瑛二、黒木瞳、存在感なし。もったいない使い方

共通テーマ:映画

スコア [映画]

2001 アメリカ
01/20(土) 19:00 -
BS日テレ|114分(上映時間 124分)

ロバート・デ・ニーロ主演。ほかにエドワード・ノートン、マーロン・ブランド。マーロン・ブランドは遺作。
出演陣が豪華で期待して見たが、どうなんだろ。つまらなかったな。出来が悪いわけではないのだろうが、傑作ではない。凡庸なクライム・サスペンス。
カットされてるからかもしれない。もう民放の番組はチェックするのやめるか。

エドワード・ノートンの弁が面白い
--
のちにエドワード・ノートンは「脚本は好きではなかったが、ロバート・デ・ニーロとマーロン・ブランドと自分がポスターに写っている事を想像したら出演したくなった」と言って出演を決定した
--

共通テーマ:映画

レッドタートル ある島の物語 [映画]

2016 日本・フランス・ベルギー合作 スタジオ・ジブリ作品
01/02(火) 01:59 -
日テレ1|110分
映画天国

序盤つまらなくて、どうなることかと思った。CMのたびに休憩入れて、いつになったら見終えるかと。セリフが一切ないので、集中力が途切れがちになってしまうのだ。パラパラ漫画を見ているかのよう。なんでだろう。パラパラ漫画ってたいてい、何かが出てきてそれが行動して、何かになりましたというオチで終わる。この作品の序盤もセリフがないからという理由もあろうが、男が出てきて、何か行動、例えば筏をつくり海へ出る、そして失敗する。というような小さい章のパターンが連続するような感じ。セリフがないからそれは当たり前かもしれないが、サイレント映画というのもそんな感じのパターンが多いような気がする。
が、中盤以降ようやく作品のリズムにも乗れて、それなりに見せる作品だなと思った。見終えてそれなりに感動した思いだったが、ストーリーとしては大したことない。無人島に漂着した男、脱出を試みるが筏が壊れたりで、うまくいかない。亀が島に現れる。男はイライラを亀にぶつけ、ひっくり返して動けなくしてしまう。亀は死んでしまったのか動かなくなり、女に生まれ変わる。契りを交わし、息子が生まれ、成長していく。息子は亀と遊ぶことを覚えたりもする。津波に襲われたりするが全員無事。息子は海の向こうへと旅立ち、夫婦は老いる。男は死に、女は男に寄り添う。と、亀に戻り海へと帰っていく。終わり
最後にジブリの鈴木敏夫のインタビュー。この作品について、の次に宮崎駿の新作がこの作品と関係があるというようなことを語る場面があるのだが、宮崎のこの作品に対する感想は一切なく、「ジブリの最後の作品が外国人ということに怒りがあるみたい。宮さんはそんなことは言わないけど、つきあい長いからなんとなくわかる」というようなことを言っていた。あとは、今月に金曜ロードショーでやるジブリ作品二本(「魔女の宅急便」「ゲド戦記」)についてのコメントがあった。
序盤集中できなかったと書いたが、こういうのは2回見るともっと理解が深まるような気がする。2回見ることについて何回か書いたことがあるが、ここでもう一度。
2回見ることは実際にはほとんどないのだが、本当はかなり多くの作品が2回は見たほうが格段に理解が深まると思ってる。「読書百遍意自ずから通ず」みたいなもんだ。
作品への理解を全部できた状態を仮に100とする。理解とは作品のテーマ、製作側の言いたいことや見てほしい部分などが大きな柱。またそれとは別に、作品に付随する意味付け(例えば映画史における意義だとか)だとか、さらには、誰々がカメオ出演してる(ヒッチコックがどこに出ているか、なんてのも同じ)とか、撮影場所のことだとかのトリヴィア情報なんていうテーマとは逆に小ネタ的なことだとか。
で、100という状態は自分がその作品から受け取れる(受け取るべき)最大限の状態ということ。
まず1回目の視聴が一番多くの理解を得られる。そりゃそうだ。まったくの白紙の状態からだから、いくらでも受容できる状態だ。見たものすべてを受け取ることになる。そしてそれ以降は増加ペースが回を追うごとに減少するだろう。
多くの作品で、まず一回目の視聴で60くらいの理解をし、2回目で80くらいになり、3回目以降は増加ペースがぐっと減少する感じ、3回目で83になり、それ以降は1ずつ増えるか、増えない回もあったりして。
もちろん1回目で100に近い理解するような作品もあると思う。そこらへんは作品と自分の相性だろう。
また、好きな作品で何回も見ているようなものだと、それはもう理解自体はあまり増えない。けど、何年かぶりに見たりすると、自分が年を重ねて別の解釈ができたり、今なら理解できるような小ネタを見つけたりとかもあるのだろう。
というようなことをこれを見ながら考えていた。やっぱり飽きていたのだろう。ただ、これストーリー全部わかった上で見たほうが良いような気がし、2回見るのにかなり適しているような気がする。まあ、それだけ序盤のほうは見落としている自信があるのだ。

そういや、この主人公の男、いつの時代の人なんだろう。通常の映画なら無人島に漂着しても、独り言を言ったり、言わなくても心の声がナレーションになったり、そういう風にしてストーリーを進めるものなのだが。女ができたり息子ができたら、言葉を教えそうなもんなのだが。
声優についてはウィキにある--
いずれも台詞は無いが、叫び声や呼吸音があるため声優が存在する。しかし、誰なのかは公表されていない
--

共通テーマ:映画

パニック・トレイン [映画]

2013 イギリス
11/26(日) 19:00 -
BS日テレ|114分

ブレーキの利かない暴走列車に閉じ込められた6人の乗客の逃げ出すための奮闘を描いたジャンルとしてはパニックものということになるか。
乗客6人だけで、運転士、車掌もいないという状況、誰かがその乗務員を排除し、自ら運転して最終的には列車もろとも果てようとしているという設定なのだが、それは登場人物のセリフからようやく推察される話であり、犯人自体は出てこない(犯行前の序盤にそれらしき人が映っているようであるけど)。というわけで、その6人の心理状況の描写が主で地味ではあるが、なかなか面白かった。この手のパニックアクションものは画面が暗かったり切り替えが早かったりで、何が行われているかよくわからない場面というのが多々あるが、この作品にも多少そういう場面があった。
主人公は息子連れ、車内で女性と仲良くなり、とこの3人がメイン。ほかに女性一人と男性二人が出てくるのであるが、この男性二人というのがそれぞれ、主人公に敵対的に登場してきて、犯人の一味かなと思わせる感じなのだが、全然そんなことなく、最終的には一丸となり脱出に尽力するという展開で、なぜ敵対的に出てくるのかがよくわからない。
ちょっと面白いことが映画紹介サイトに載っていた。「わずか500ポンドでつくった予告編をネット公開して投資を呼びかけ、集まった約250万ドルで制作された作品」とのこと。なにもない状態で予告編なんてよく作れるもんだな

共通テーマ:映画

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 [映画]

2015 アメリカ 吹替版
01/03(水) 09:40 -
TOKYO MX1|105分(上映時間 106分)

放映前に解説あり。カットありだろうか。最後のクレジットだけカットされたくらいかもしれない。
ジョニー・デップ主演で絵画をめぐる謎を探っていくような展開をコメディタッチで描く。つまらなかった。主人公が謎を探るうちに何人もの人と会っていくのだが、その名前が覚えられない。誰かと会う場面はその一場面だけだけど、それが後になって、その人物にもう一度スポットが当たったりするのだが、名前が覚えられないのだから、それ、誰だっけとなってしまった。
笑いの面もどうかなあ、コメディ風にやってはいるけど・・・、という感じ。
主人公が髭にこだわりがあるらしく、髭を生やして登場、しかしそれを妻がひどく嫌う。キスをすると妻はその髭のある口を女性器のようだと言い、ゲロを吐く。夫のほうはもらいゲロをする癖があり、妻のゲロに釣られて自分もゲロを吐く、というギャグが序盤で出てきて、それ以降中盤に1,2回あり、そしてラストシーンもそれというお約束のパターンになっている。最後は夫婦の仲は修復され、うっとりとキスをして吐かないでいられそうなのだがやっぱり吐いてしまいラスト。とこれはたぶんそうなるなとわかった。


共通テーマ:映画

地球防衛未亡人 [映画]

2014 日本
01/02(火) 23:30 -
tvk1|90分

年末年始に映画をかたっぱしから録画したからといってこんないかにもB級な作品まで見る必要があろうか、と悩みながら見てしまった。
往年の怪獣映画と、現在の社会情勢のパロディ(原発事故、尖閣問題など)がたくさん。といっても前者については元をよく知らないので、多分これパロディなんだろうけどと想像するにとどまり、また後者についてはよくある悪ふざけで、こんなもん喜ぶ人がいるのだろうかという類。安倍総理や石原元都知事を模したものが出てきて、前者を演じるのはザ・ニュースペーパーの福本ヒデというあたりからもわかるだろう。オバマを模したオズマ大統領役にノッチ
壇蜜が主演でタイトルからしてお色気がありそうなもんだけど、それは少ない。
地球防衛軍日本支部だっただろうか、それが前面に出て怪獣を戦うのであるが、その名称がJAPAN AID PARTY だったか、略称がJAP。使われる飛行機が「ヤロー」(何かのパロディらしい)。合わせて呼ぶと「ジャップヤロー」。これが連呼される。そういった映画。
堀内正美が出ている

共通テーマ:映画

西部邁 [つぶやき]

亡くなったとの報。入水自殺らしい。
無念。もう何年もあまり見ていなかったが、数年前まではずいぶん熱心にMXの西部邁ゼミナールを中心に見ていたもんだ。
意外なとこでは談志との交友なんかもあったな。
弟子の中野剛志など有能な論客が活躍中でその論説は今後も長く読み継がれるだろう。

最新の動画、MXの西部邁ゼミナールとチャンネル桜の中山恭子司会の「夢を紡いで」を見た。数年前に見ていたころとほぼ同じ調子で喋ってる。惜しい。まだまだこの調子でダラダラと喋り続けてくれるだけでよかったのに。
自殺という最後に関しては、ご自身が決めたことだろうしなにも言わない。つくづく残念だ

共通テーマ:映画

サンシャイン♪ 歌声が響く街 [映画]

2013 イギリス
01/01(月) 10:00 -
TOKYO MX1|115分

ミュージカル映画。
放映前に有村昆の解説あり。それによるとまずイギリスで舞台化されヒットし、それが映画化されたとのこと。原題はSunshine on LeithでLeithはスコットランドの街の名前。「マンマ・ミーア!」に代表されるジュークボックス・ミュージカルというジャンルに入る作品で、ここではプロクレイマーズというスコットランドの兄弟デュオの歌がフィーチャーされており、舞台もスコットランド。
ストーリーとしては銀婚式になる夫婦(ロブとジーン)の一家、息子(デイヴィー)と娘(リズ)とがいる。デイヴィーとリズの恋人アリーが一緒に軍隊から帰還するところから始まり、デイヴィーはリズからイヴォンヌという女性を紹介され3つのカップルが幸せに満ち溢れ、そして銀婚式、一気に暗転していくというのが中盤。この暗転していくのが銀婚式でのこととして集中してるのは劇的でよいのだけれど、その暗転の理由がちょっと弱いような気がした。ロブは結婚前につきあっていた女性の葬儀の知らせを受け取り、その際に娘エイリーという娘がいたことをそこで初めて知り、何度か会い手紙のやり取りをしていた。その手紙を銀婚式の最中にジーンが見つけもめ始める。アリーは銀婚式でリズにプロポーズし結婚する気はないと断られる。そして、そのプロポーズを茶化した客と乱闘騒ぎになり、デイヴィーも参戦、それを見たイヴォンヌはデイヴィーを乱暴だとののしり去っていく。デイヴィーとイヴォンヌの件はそれってそこまで揉める話かと思う。劇的効果のためだけの離反という感じ。夫婦もロブの25年前というのがジーンと知り合ってる最中なのか、二股かけてたのかとかそこらへんは語られないからなんとも言えないが、結婚前に付き合ってた女性に子供がいたが、それまで全然そのことを知らなかったのだから、そこまで怒ることかねえと思う。まあ、その後もう少し見ると、エイリーと会っていたこと、その後も会い続けるということを、家庭が壊れるとして怒っているという描写があるので、それならまあわからないでもないが。


共通テーマ:映画