So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スラップ・ショット [映画]

1977 アメリカ
05/30(水) 13:00 -
NHKBSプレミアム|124分

ポール・ニューマン主演のコメディとあり、さっそく視聴。なかなか面白くならず、また話がちょっとわかりづらいというか見えづらいというか、セリフから中身が把握しにくい部分があり、飽きる。訳のせいもあるかもしれない。
途中で見るのを中断してウィキを読んでみると、それなりの作品らしく、それならと、どこがコメディなんだろと考えてしまったりもしたが、冒頭にホッケーの反則についてインタビューされる場面があり、そこで選手がその反則の実演を始めるという場面があり、まあそれはそこで笑うということなのだろう。そして最後まできてしまったのだが、ここでちょっと度肝を抜かれるというか、ラストのストリップ場面は軽く衝撃を受けた。映像が衝撃的なのでなく、なんでここでストリップという話のぶっ飛んだ感じに驚いたのだ。シュールともいえるかもしれない。

内容は、アイスホッケーチーム(プロなのかどうか判然としない、終盤でチームの選手がプロのドラフトにかかるかもというようなことを言ったりしてるのでプロではなさそう)が廃止されそうな危機にあり、チームのコーチ兼選手のレジ(ポール・ニューマン)が人気を上げるため、反則をやりまくり、乱闘で人気を得ようとするという話で、その反則、乱闘が見どころなのかもしれない。いま話題の日大アメフト部を彷彿とさせるようなセリフ(反則の指示だとか、反則をしない選手に対して「やれば試合に出してやる」というセリフだとか)が結構ある。といってもこちらはコメディであり、日大のような問題、パワハラだとかをテーマにしてるわけではないけど。
ウィキを見ると、あまりたくさんの情報が書いてあるわけではないが、後の作品への影響や名物キャラについて書かれていたり、リメイク予定やシリーズ化(かなり後、2000年代になってから第2、3作が作られている)もされており、それなりの評価なのではなかろうか。英語のウィキには「cult classic」と看做されていると書かれている。

ウィキで名物キャラとしてハンセン兄弟が紹介されており、まあ確かにこの作品の中で際立ったキャラではある

共通テーマ:映画