So-net無料ブログ作成
検索選択

怪談 [映画]

1964 日本
08/12(土) 00:15 -
NHKBSプレミアム|185分

小泉八雲原作、小林正樹監督。製作会社は文芸プロダクションにんじんくらぶで、この作品の興行不振で倒産したとのこと。
オムニバスで4つの話から成っている。「黒髪」「雪女」「耳無芳一の話」「茶碗の中」
最初のキャストクレジットでキャストがとても豪勢なのに気づく。ずいぶん古い作品で、皆若く、ちょっと気づきにくい面もある。「黒髪」では三国連太郎、「雪女」では仲代達矢がどちらもたっぷりと演技している。「雪女」では相手役が岸惠子。ほかに菅井きんも気づいた。
「耳無芳一の話」は今作で一番長い。途中まで気づかなかったが主役、芳一をまだとても若い中村賀津雄(でも26歳だな、当時。少年にしか見えない)。志村喬、田中邦衛、花沢徳衛に気づく。田中邦衛も若いなあ。後年のトレードマークになる特徴ある喋り、動きがほのかに見える。丹波哲郎かなと思った人がいたが、やっぱそうか。中谷一郎も気づいたな。
「茶碗の中」、これは奇妙な作りで、まず現代(明治年間ではあるが)、作者が物語を書いている状況が描かれ、話には結末が書かれていないものがある、とのナレーションで、話(200年前の)に入っていく。男が井戸から水を汲むとそこに人が写る。周りを見ても誰もいない。そんな中、ついに実物が現れ、男はそいつをやっつけるが、周囲の人間に言っても幻を見たのだろうと言われてしまう。そうこうするうちに、今度はやっつけた男の配下の3人が出てきてしまい、それとも対決する、というような話で、そこで終わり、現代(明治年間)に戻ると、作者はおらず、その家人と家を訪れた出版元が会話を交わし、家人がお茶を入れに行くと、井戸に人が写っており・・・という感じに終わる。その家人が杉村春子で、出版元が中村鴈治郎。なのでこの二人は出番は少ない。
以上名前を書いたのは見てるうちに気づいた人で、実際はまだまだたくさん著名な俳優が出ている。長山藍子の名があるが、これたぶん相当端役ではなかろうか。経歴見てもデビューしたばっかりだ。
ちなみに、作品終了後のNHK独自のキャストクレジットではなぜか「黒髪」「雪女」(三国連太郎、新珠三千代、仲代達矢、岸惠子)の4人だけだった。なぜだ。

共通テーマ:映画

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [映画]

2011 アメリカ
NHKBS 3/12

シリーズ第4作
これまでで一番面白かったような気がするがどうだろう。印象に残ったのは中盤あたりの吸着する特殊手袋を使って高層ビルを窓伝いによじ登っていくところ。スリリングで怖い。
一方そこを終えたあたりからの後半はちょっとストーリーとアクションのバランスからしてアクション満載でストーリー的には間延びしてる感じ
見終えた後、ちょっと調べることがあって、第1作をチラッと見たが、当たり前であるがトム・クルーズの見てくれ、だいぶ違っている。順に追って見ているときは随分若さを保っているものだと思っていたが。

シリーズ通してのウィキにシリーズごとの出演者表が乗っていて、1-3作のうちで2作以上出ているのはトム・クルーズのほかには一人だけ、ルーサー役のヴィング・レイムスなのだが、これまでの作ではチームの一員で出番はたくさんあるのだが、今作では特別出演のような扱いで最後にチラリと。
また前作で登場したイーサンの妻、ジュリア(演じるのはミシェル・モナハン)は作中死んだと説明されていたが、なんと生存しており、そのルーサーの出番のあと、ラストのラストでこちらもチラリと。
それからその表には、第1作に出ていたアンドリアス・ウイスニウスキーが第4作にも出ているということが記入されてるが、これは同じキャラクターでもないし、多分チョイ役(自分はどの人だかよくわからない)なので記載するほどのものだろうか。
今作のラストで前作までのキャラが出てきたところはシリーズものならではであろうが、前作までを見ていると(今作でもラストを除けば)、イーサンひとりが活躍するタイプのシリーズで、例えばレギュラーキャラクターが大量に出演する「男はつらいよ」だとか「必殺」とかとは異なり、「ダーティハリー」とか「木枯し紋次郎」とかのタイプ。シリーズものならではのお約束みたいのも少ない。あっ、と、指令が来る場面、「何が起きても関知しない」だとか、「この指令書はこの後消滅する」だとかはお馴染みのパターンだな

ボーン・イン・ザ・USAのTシャツを着ている場面があり、わざわざ字幕でも出た。なぜこの時代にボーン・イン・ザ・USAなのだろう

共通テーマ:映画

「ミッション:インポッシブル2」「ミッション:インポッシブル3」 [映画]

「M:I-2」
2000 アメリカ 吹替版(イーサンを森川智之)
06/21(水) 13:35 -
テレビ東京1|125分 午後のロードショー
「M:i:III」
2006 アメリカ 吹替版(イーサンを森川智之)
06/22(木) 13:35 -
テレビ東京1|125分 午後のロードショー

上映時間と放映時間を比べてみるとどちらも結構カットありだろう。
「2」
監督はジョン・ウー
ウィキを見るとこの作品は大きな成功を収めたとのことであるが、面白くなかったな。アクション映画というのはそもそもあまり好きではないのだが、それでもその面白さに脱帽するような作品もたくさんあり、それらは考えてみると目を見張るようなアクションと同時にストーリーがそこそこ面白いことが条件であり、それを考えると今作品はそこらが疑問。ひとついえば、「午後ロード」枠であり、この枠だとそれなりの「雑さ」があり、あまり真剣に見る気にならないというのはあるのだが。
途中にディキシー・カップス版風の「アイコ・アイコ」のメロディで英語でない言葉の歌詞がついたものが流れていた。調べてみたら、Zap Mamaで、歌詞を変えているみたい。英語だった(一部スキャットっぽいものがあるけど)
「3」
2と同じような感想。
ただ、イーサンの上司であるマスグレイブとそのまた上司であるブラッセル。登場時から悪人風のブラッセルがやはり悪と結託していることがわかり、マスグレイブがイーサンを逃がす場面はワクワクしたが、ラストではどんでん返し、実は悪と結託しているのはマスグレイブだったという展開は意外でそれなりの面白さ。

共通テーマ:映画

必殺仕切人 [映画]

放映
テレ玉 6/28~8/11

15話、17話 保存に不適
主題歌「櫻の花のように」。これのサビの部分で「櫻の花のように」と歌われるところが2か所あるのだが、譜割りが似ているようで異なっており、そこが気持ちよい
BGMが非常に格好良い
3パターン。ひとつは出陣のテーマ。残り二つは殺しの場面で使われる。どちらも主題歌「櫻の花のように」をアレンジしたもの。アップテンポのものとスローなもの。後者はお国の殺し場面で使われる
仕事人において主水とその家族が担当するコメディ部分をここでは勘平夫婦が担当。ここが作品のイマイチ感に拍車をかけているような気がする。このコメディ部分は作品の序盤、中盤はもとより最後にほとんど必ず入ってくる。ここを作品において、主役、準主役でない人が出てくるとテンションが多少下がる。考えてみると、仕事人以降の非仕事人シリーズでのコメディ担当は中村雅俊、津川雅彦が担当していたのを覚えているがどちらも主役級。


菅貫太郎が新吉のいるグループの元締役で最終的には新吉たちに殺されてしまう役
2
北見唯一
5
牧冬吉
6
日高久
新吉の殺しの際、相手を後ろから刺してるように見える(後ろでないにしても、横から)が画面が変わると正面から刺してる。ミスっぽい
7
三谷映画によく出演している梅野泰靖が出ている
8
阿藤海
ターザンをモチーフにした話
このシリーズは必殺ではおなじみだがこういう現代流行を取り入れたものが多い
阿藤は他左というターザンを模した役。はっきりいってゲテモノ
10
小林稔侍
12
酒井くにお・とおるが駕籠かきのチョイ役
13
この回から16話までお国が出ていない。なお虎田は6話から16話まで出演していない。今話はそのためか少しすっきりした印象ではあるが、お国が出ていないため格落ち感もある
14
織本順吉。平泉成はまだ若く、暴力的な悪役。
15
台風情報L字。
新吉が主役の回。多分、今シリーズ初めて(今回だけかも)。もっと彼を前に出した話が多くあっても良いと思う
ゲストでは江幡高志、内田勝正など
16
大野九郎兵衛という家老が出てきて、なんとなく忠臣蔵を思い出したが、それもそのはず、忠臣蔵を模した(必殺ではこのようにパロディ的な作りが多いが)作品。松の廊下事件みたいのが出てきたとこで気づいた。最初よく見てなかったが、サブタイトルは「もしも討入りに雪が降らなかったら」
17
地震速報のテロップあり
お国、虎田龍之助復活。しかし虎田龍之助のほうは出陣前の仕切りの相談(分け前の分配)の場面というラストに近いところでの登場。また殺す相手が今回は4人ということで勘平と二人合わせて一人を殺すという演出
藤岡重慶がゲスト
芝本正は最初にちょっとだけ占い師の役で出ている

共通テーマ:映画

ミッション:インポッシブル [映画]

1996 アメリカ 吹替版(イーサンを鈴置洋孝)
2016/6/4 wowow 無料放送

有名なヒット作でシリーズ化されている。今回初めて見たのだが、どうにもテンポがよくなくてイマイチである。

シリーズは現在のところ5作品ある。テレ東の「午後のロードショー」でこないだ最初の3作をやっていたので、それも録画してある(また第4作はNHKBSでやっていた)が、今回視聴したのはwowowのほう。どちらも吹替版だが、バージョンが違う(テレ東の放映はイーサンを森川智之となっている※)。(※ウィキ--テレビ版は2つともカットがあり、冒頭にあるキエフの尋問シーンでは作品と無関係の音楽が充てられている。これは、ロシア語で話される尋問の台詞を日本語に置き換えてしまった事が原因とみられる--となっているが、テレ東で放映されたのを見ると冒頭のロシア語の場面が日本語に置き換わっている)

この作品について知らなくて、テーマ曲らしきものが聞き覚えのあるものだったが、今作はアメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』の映画化作品であり、テーマ曲も同じものなのだそうだ。「おはようフェルプスくん」なんていうセリフも一応聞き覚えのあるものだった。
ちなみに今作のラストでかかるテーマ曲はU2のアダム・クレイトンが製作したものだそう。

このままシリーズ作品を見てみようとは思っているが、いま、シリーズの概要を見たところ、通して出ているのは主役イーサン・ハントのトム・クルーズとルーサー・スティッケル役のヴィング・レイムスだけのよう。あまり話の連続性はなさそうだ

そうそう監督がブライアン・デ・パルマ

ジャン・レノが出てたのか。気づかなかった

テーマ曲が5拍子だということを調べていて初めて知った。音楽が鳴っているときは無意識にリズムをとるが、時折、いつのまにかズレてしまう楽曲がある。これもそうだ。大抵4拍子として、そして4拍子でなくてもわかりやすい3拍子としてリズムを取っているからで、5拍子という変則リズムなのに無理がなく、とても格好良い。5拍子といえば「テイクファイブ」なんてのも無理がなくスムーズな変則リズムとは思えない曲だ。
必殺や水戸黄門なんかにも確か5拍子の曲が使われていたと思う

共通テーマ:映画

クライムダウン [映画]

2011 イギリス 吹替版
08/06(日) 15:00 -
TOKYO MX2|105分

CMなしで放映
サスペンス。それなりに怖くできていて面白い
テレビ放映のタイトルわきに「楽しい登山が一転、恐怖の登山へ」とあるけど序盤の登山が全然楽しそうじゃない。まあそれはそれとして、5人組の登山の最中に空気穴のある地中に埋められた箱に閉じ込められていた少女を発見してしまい、5人は彼女を助けようとするが、銃撃が開始され執拗に追い回される羽目に陥るというような話。
先に登場人物グループを整理すると、その5人組、助け出された少女アナ、そして彼女を誘拐したグループ(2人組、もしかしたら3人組かも)、アナの父親たちの組織と、彼らに雇われた身代金を持って誘拐グループと交渉しアナを引き取りに行くグループ(これは3人組)となる。アナの父親は戦争犯罪人であり、なにやらえげつない組織のボスらしきことが語られる。
中盤までは山が舞台で、序盤の山登りのところからそうなのだが、相当危険な崖をよじ登るようなことをやっており、その映像、崖の全面と小さく映る人間の対比の映像や、崖を伝う人間の上を見上げ、下を見下ろす映像、どれも高所恐怖症の人間だったら相当怖い映像が満載。
この5人組は4人までが死んでしまい、最後まで生き残った女アリソンが主役ともいえるが、中盤以降は誘拐グループ対交渉人グループの争いのような様相になって焦点が変わっていく展開でもある。
最後はちょっとモヤモヤした終わり方。事件が終わりアリソンは負傷し救急車、少女アナも同乗。
アナの父親は誘拐グループを処刑、交渉人グループの生き残り(一人は死亡、もう一人はアナの父親と近い人間らしい)は金をもらい自動車で引き揚げていく。アナの父親のいわくありげな感じが最後まで明かされないところと、アナを結局取り戻せてるのかよくわからんあたりがモヤモヤ。
もうひとつ腑に落ちないところ。誘拐グループが初めて顔を現す場面。まず狩人2人組が出てくるのだが、これがちょっと映画的ルール違反というか、アナを連れた5人組が映像で捉えられ、その後この狩人二人組が銃を構えてる場面になる。これでこの二人組がアナ、及び5人を狙っているように見える。そこで交わされる「ここでは止めておこう」とのセリフ。で次の場面になるとこの狩人がついに狙いを定め、というところで別に二人組が現れ、「ここで何をしてる、狩りが許可されてる季節は終わってるぞ」などと言い出し、結局狩人二人は殺され、ここで現れた二人組がアナたちを狙っていることがわかるのだが、この狩人二人組を出した意図がわかりづらく、また誤解させるような演出の意図もわからない。この場面終わってからも、実はこの狩人二人組がなにものなのかよくわかっておらず、もしかしたら事件の関係者なのかもしれないなどとも思っていたのだが、最後まで見ても特に狩人二人組への言及もなく、ということは、狩の季節がどうのこうのということから推測すると、あれは単なる狩人だったのかと解釈。にしてはその二人組やけに狂暴そうで、さらに会話も意味ありげだったけど。もしかして全然見誤っているかもしれない(レビューサイトでその二人組は人間狩りをしている二人組と指摘している人がいた。そう取れば事件とは関係がなく、また狂暴そうだったり意味ありげな会話も説明がつく感じだ)

共通テーマ:映画

ゲット・スマート [映画]

2008 アメリカ
08/08(火) 01:59 -
日テレ1|119分|7倍録
映画天国

作品の紹介文を読んで、コメディっぽいけどコメディと書いてないし・・・。以下コピペ--
アン・ハサウェイのセクシーなアクションは必見!革命的スパイ・ムービー!

米国極秘諜報機関“コントロール”の本部が襲撃され、すべてのエージェントの身元が暴かれてしまう!そんな絶体絶命の状況でチーフ(アラン・アーキン)が決断したのは、エージェントになりたがっていた分析官・マックス・スマート(スティーブ・カレル)を昇格させることだった。マックスはあこがれのエージェント23(ドウェイン・ジョンソン)と組んで活躍することを夢に見ていたが、そんな彼の素性も敵にはばれてしまっていた。そこで、マックスと組むことになったのが、ただ一人面が割れていないエージェント、超美人だが性格はキツイエージェント99(アン・ハサウェイ)。経験は皆無だが、熱意だけはだれにも負けないマックス。果たして、99と共に敵を倒すことができるのか―!?
--
冒頭でギャグが数連発。ああ、コメディなのかとこちらの気持ちもそれに合わせる。
延々と絶え間なくギャグが出てくるタイプの作品。いくつかは笑ってしまったが、笑いのことよりギャグを連射することによってリズム感が出るのが目的なのかも。
中身はわりとどうでもいいのかも。紹介文にはアン・ハサウェイのアクションが見ものとあるが。
ラスト近くのヘリと車を使ったアクションシーンで、エージェント99にマックス・スマートが自分の左ポケットにあるナイフを取り出すように言い、99が足でそこらへんをまさぐると、ちょっと嬉しそうに悶え、それはナイフじゃないよと言うギャグとか、さらにそのアクションシーンの続きで、マックスと裏切り者とわかったエージェント23が素手で闘うという場面で、マックスは序盤にあったキスで相手をうっとりさせ油断させるという方法(エージェント99が敵の男に仕掛ける)を頭に浮かべ、エージェント23にキスをするというギャグは、アクションシーンという緊張感の高まってるところでのギャグであり効果的。
マシ・オカという日本人俳優が出てくる。割と有名な人だが、作品見るのは初めてだと思う。




共通テーマ:映画

上を向いて歩こう [映画]

1962 日本
08/06(日) 19:00 -
TOKYO MX2|100分

有名なあのヒットが生まれた後に、坂本九主演で作られた作品。監督は舛田利雄。製作に水の江滝子の名がある。
出演はほかに、浜田光夫、高橋英樹、吉永小百合が主役級。
梅野泰靖が出ていて、古い映画だから顔を見てわかるかなあと思っていたが、結構大きな役でちゃんとわかった(ドラマー役)。
あと、もうひとり、名前が出てこないけど、よく見かける人が出ていた。あれなんていう人だっけなあ。今作では最後のほうに掃除をしていて坂本九が届けに来たときに受け取る店の主人なんだか使用人なんだかの人。サイトのキャストリスト見ても見当たらない。この人についてはなにかよく見るからと検索したことがあったはずで、そのときそれほど有名でないかなり格下の人なのかとちょっと驚いた記憶がある

吉永小百合が若々しく輝いている。
坂本九という人はどういうタイプなのかとツラツラ考えていたが、歌手でありアイドルなんだろうな。鑑別所からの脱走というところから始まる不良を主人公にした作品なのだが、アクションスターという感じはなく、アクションをやらない(喧嘩の場面なんかはあるが)かわりに、コメディー的演技が多い。

共通テーマ:映画

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [映画]

2012 イギリスなど
07/31(月) 21:00 -
NHKBSプレミアム|125分

7人の英国老人が老後をインドで過ごすため移住してくるという話で7人が主要登場人物(もちろんその中でも出番の多少に差はあるが)。すぐにはなかなか顔を覚えにくいところが難点なのだが、こないだ見たばかりの「カルテット! 人生のオペラハウス」に主演格で出ていたマギー・スミスがこちらでも主演格で出ていて、これは好都合。ちなみに「カルテット! 人生のオペラハウス」も同じ年の作品。そういえばテーマも引退した老後の生活ということで似通っている
抑制されたイギリス風コメディといったところか。こういうのは全員の人物像が頭に入ってから、彼らそれぞれの言動のおかしみがわかってくるので、連続ドラマみたくしたらわかりやすいのだろう。序盤はちょっとついていきにくかった。見終えてもう一度序盤を見るとやはりわかりやすい

共通テーマ:映画

最後の恋のはじめ方 [映画]

2005 アメリカ
07/08(土) 19:00 -
BS12トゥエルビ|135分
【土曜洋画劇場】

ウィル・スミス主演。現代を舞台にした軽い恋愛コメディ
主人公はヒッチで原題も「Hitch」。恋愛アドバイザーをやっている。そして彼が恋に落ちるのが、ゴシップ新聞社記者のサラ。またヒッチが恋愛アドバイスするのが、アルバートという太った男性で会計士。彼の目当てがアレグラ・コールというセレブ(彼女の会計をアルバートの会社が担当していて、そのチームの一員がアルバート)。この4者の諸々が描かれる。アルバート役のケヴィン・ジェームズが動けるデブという感じで目を惹く。

オープニング、いきなりサム・クックのワンダフル・ワールド。続いてジミー・クリフのYou can get it if you really want。好きな曲が2曲連続でテンションが上がる。序盤はノンストップで音楽がかかり、この手のものが多かったように思うが知ってる曲はなかった。が通してみると、この手の音楽満載という感じではなく、現代的なビートの曲も多し。ちなみにこの2曲、どちらもこの作品のテーマに非常に沿ったもの(ほかの曲は知らない曲なのでわからない)。ワンダフル・ワールドは恋の歌だし、You can get it if you really wantは欲しいものを手に入れるために努力しようみたいな歌。
最後に主要登場人物のダンス。あまりうまくもなく意味不明。意味不明って程でもないか、ありがちではあるし。


共通テーマ:映画