So-net無料ブログ作成
Keith Richards ブログトップ

stones来日公演について [Keith Richards]

862 自分:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2014/03/06(木) 06:42:13.64 ID:TxlP33OY0 [1/5]
ステージの雰囲気がわからないんだけど、「 スリッピング・アウェイ(ゲスト:ミック・テイラー)」って
多分メンバー紹介のあとのキースのボーカル曲だよねえ
そうすると、ミックジャガー以外へスポットライトがあたり、最後に大いにキースへの歓声があがり
歌へ入るという場面で、
なんで今回の大きな特徴であるミックテイラー登場なのかねえ。
しかもこの曲、ミックテイラーの縁がない曲&ギターも特別見せ場のない曲だし
さらに次の曲で引っ込んで、その次にやっとミックテイラーのメインだし
構成に難ありって感じじゃね。観てないからアレだけど

All I have to do is dream [Keith Richards]

Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream
Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream
あの有名なトロントセッションの1曲。エヴァリー・ブラザースの曲。
トロントセッションのピアノ弾き語りはどれもそうなのだが、口ずさんでいるととても気持ちいい。

今回元は誰の曲なのかを調べていて、エヴァリー・ブラザースというデュオの曲をキースが結構取り上げていることに気付いた。
これ以外にもこの頃の録音(ギター弾き語り)で「Cathy´s Clown」というのを取り上げている(タイトルはこうなっているが、そのトラックの中にもう一曲「So Sad To Watch Good Love Go Bad」が歌われている)。
近年では「Love Hurts」という彼らの曲をノラジョーンズとデュエットしたライブがある。そしてそのライブは2004年のグラムパーソンズトリビュートであり、このグラムパーソンズもまたエヴァリー・ブラザースに強い影響を受けているらしい。キースとグラムパーソンズは仲が良かったのでそこでキースが教えてもらったのかなと思ったが、むしろそういうところで意気投合したんだろうな。グラムパーソンズはその「Love Hurts」をEmmylou Harrisとデュエットしている(Emmylou Harrisとは相当深く一緒に活動していたようだ)

「Cathy´s Clown」のyoutubeへのコメントによると
---
Keith Richards called Don Everly "one of the finest rhythm players"
---
Everly Brothers in Open G tunning
---

ふうむ。今まで全然知らなかったな。エヴァリー・ブラザースなんて名前は知らなかった。というか耳にはしていたんだろうけど、まったくスルーしてた。



When I want you in my arms
When I want you and all your charms
Whenever I want you, all I have to do is
Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream

When I feel blue in the night
And I need you to hold me tight
Whenever I want you, all I have to do is
Drea-ea-ea-ea-eam

I can make you mine, taste your lips of wine
Anytime night or day
Only trouble is, gee whiz
I'm dreamin' my life away

I need you so that I could die
I love you so and that is why
Whenever I want you, all I have to do is
Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream
Drea-ea-ea-ea-eam

I can make you mine, taste your lips of wine
Anytime night or day
Only trouble is, gee whiz
I'm dreamin' my life away

I need you so that I could die
I love you so and that is why
Whenever I want you, all I have to do is
Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream
Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream

Drea-ea-ea-ea-eam, dream, dream, dream

Let's Go Steady [Keith Richards]

Let's Go Steady~ストーンズのバージョンはキースが無名の女性歌手(*1)とデュエットでヴォーカル。レッツゴーステディ、意味は「ステディな仲になろうよ」つまりは「恋人になろうよ」みたいな感じか。男女でヴォーカルだと色っぽい。そんなことをもう十年以上前か初めて聞いたとき思ったものだ。
今回、Let's Go Steadyを調べたらサムクックがオリジナルなようだ。そしてアーサーコンレイのバージョンがストーンズのバージョンの元になってる。
ストーンズはエモーショナルレスキューの頃に録音。同時期にWe had it all録音しており、こちらは後にレアとラックスとして公式に発表されたがレッツゴーステディの方は未だに公式リリースはなし

作曲者はサムクックと組んで曲を作っていたJ. W. Alexander。
Lets Go Steady Again
(Alexander)

You left me for another
Honey you found out it wasn`t a true lover
Now that he is gone
Lets go steady one more time

Please don`t cry dear, you`ve got to be strong dear
He will never hurt you anymore
But now that he`s gone
Lets go steady one more time

I know he was wrong to come to the dance
With another girl the way that he did
I knew he was wrong when he took your love from me
After all he was once my best friend

Thats all in the past
Let`s forget him
He`ll never hurt you I won`t let him
Now that he`s gone
Let`s go steady one more time


*1
Chrissy Kimseyという人で以前調べたときプロデューサーだかの奥さんだとかいう情報を見た。今再度調べたが、Chris Kimsey--この人はアンダーカバーのころのストーンズのレコードに関わっていた人、詳細に言えばサムガールズ、エモーショナルレスキュー、タトゥーユー、でエンジニア、アンダーカバー以降スティールホイールズ、フラッシュポイント、ストリップトでプロデューサー(なぜかダーティワークには参加していないようだ)、ビルワイマンのソロアルバムにも多く関わってる---のその頃の妻だということが書かれた英語の掲示板があった。以下はコピペ

Q re: Let's Go Steady
Who's the lady singing BU vocals?

Chrissy Kimsey

OK, next question: who is Chrissy Kimsey? Parent of Chris?

The only time I've heard her name mentioned is for this duet. Seems like neither Google or Wikipedia know her too well smiling smiley

Nope.
She was Chris Kimsey's wife at the time.

抄訳
質問 Let's Go Steadyのバックヴォーカル誰? 
回答 クリッシーキムゼイだよ。
質問 クリッシーキムゼイってだれ?クリスの親?
回答A この曲でしかその名前を聞いたことがない。グーグルでもウィキでもわからないみたい。
回答B いや、クリスキムゼイの当時の奥さん

We Had It All [Keith Richards]

ドニー・フリッツがトロイ・シールズと共作。
ドニー・フリッツはサザン・ソウルやカントリー畑のソングライター。
1974年のドニー・フリッツ初めてのソロ・アルバム『Prone To Lean』に収録。

Dobie Grayもカバーしていた。そのDobie Grayは2011.12.6に亡くなっている。
Dobie Grayはストーンズの海賊盤に収録されているDrift Awayの作者。
バックにTroy Sealsが参加していたこともあったらしい。


(T Seals/D Fritts)

I can hear the wind a blowin' in my mind
Just the way it used to sound, through the Georgia pines
You were there to answer when I called, yeah
You and me we had it all

Remember how I used to touch your hands
While reachin' for the feeling that was always there
You're the best thing in my life I can recall, oh
You and me we had it all

I know that we can never lives these times again
So I'll let these dreams take me back to where we've been
Then I stay there with you just as long as I can
Oh, it was so good, yeah, it was so good
Oh, it was so good, when I was your man

And I never stop believin' your smile
Even though it didn't stay, it was all worthwhile
Yes, you're the best thing in my life I can recall, oh
You and me we had it all
You and me we had it all
Keith Richards ブログトップ