So-net無料ブログ作成
検索選択

役者 仲代達矢 走り続ける84歳 [テレビ]

06/11(日) 19:00 -
BSフジ・181|115分

予想外に面白かった
いま、仲代達矢は主役の映画が公開されたとのことで、その宣伝番組かと思いきや、そういう匂いは少ない。最初の方にちょっと触れられたくらいか。

内容は、これまで10年間にも渡って取材を続けてきたものを使っていて、色々な場所で行われたインタビューを編集したもの。であるから、一つの事柄を語る場合でも、違う場所、時に行われたインタビューをつなげており、ちょっと切り貼りが気にならないでもないが、そこはそんな酷いことはしていないだろうし、むしろうまく編集されているものと思う。

仲代達矢、名優であろうし、何本も見ていて、そのたびに感心はしていたが、あまり体系的にどういう経歴を辿ってきたとか知らずにいたので、これまでの足跡を語るところは興味深く、これまで自分が見た作品についても結構語られていた。
映画会社と各撮影所、関わってきた監督、印象に残ってる俳優について語ってる場面が頗る面白い。
監督では、、小林正樹と黒澤明を年上で自分を教えてくれた監督として、岡本喜八、五社英雄については、それよりもうちょっと年下で盟友と言えるような関係として語っていた。小津の作品には出ていないのかな、五社の作品を語る際に、五社のは「こってり」で、日本映画というのは小津さんを始めとして、あっさりしてるものが評価されてる中で、それを打ち破ったというようなことを言っていた。
俳優については、原節子、高峰秀子、、丹波哲郎、勝新太郎、錦之助なんかの話をしていた。勝新太郎を語ってるとき、雷蔵の名前もちょっと出てたな。

先日視聴した「地獄の掟」を芝居でやってる場面が出てきたのだが、それは仲代の妻、宮崎恭子が隆 巴名義で書いた脚本とのことで、彼女が亡くなったときの追悼公演の模様だった。テレビドラマが82年だが、その後舞台化されたのか、それともその前から舞台でやってたのだろうか。

共通テーマ:映画

警視庁捜査一課9係 [テレビ]

04/12(水) 21:00 -
テレビ朝日|69分

先に亡くなった渡瀬恒彦主演の人気ドラマシリーズの最新作が本日から始まった。というのを番組欄で見つけ、渡瀬恒彦不在をどのように処理しているかとちょっとだけ興味があり録画して視聴。
冒頭に係から臨時に他の部署へ行くことになるという場面が渡瀬恒彦、里見浩太朗によって演じられる。こういうことを想定して撮影してあったのだろうか。
作品内容自体はどーかなー。この程度で人気ドラマシリーズになるとは。謎解きとしてのストーリー展開は大して面白くない。演技や演出もちょっとステレオタイプ的なところがあり面白くない。ステレオタイプというのは役者が下手なんじゃなくくてそういうのが要求されているんだと思うが。
井ノ原快彦は割合良い。演技をしている風でなく素な感じが。
吹越満、田口浩正のふたりは名脇役という感じ。
羽田美智子がどうかなあの原因でもある。
シリーズものの魅力は、レギュラーのお約束的やり取りや、そのキャラクターが頭に入っている前提で進んでいくことなので、そこらへんは自分には全然わからない

さて渡瀬恒彦。訃報を聞いて、この俳優さんの作品はほとんど見てないなとまず思った。考えてみれば「南極物語」は子供のころ親に連れられ見ているが、ほんとそれだけって感じ。
ネットサーフィンしている間に、なぜか何回もその訃報記事を読んだり、ウィキでその生涯を読んだりしていたのだが、ふとその訃報に対する関係者の言葉として青木崇高のコメントという見出しを見てクリック。コメントを読んで「あー」と急に思い出した。大好きだった「ちりとてちん」で師匠やってたな、渡瀬さん。そもそも青木崇高で自分が何気なく反応したのも、そもそも青木崇高のこと「ちりとてちん」でしか知らないし。それでもコメント読むまで渡瀬さんの師匠役のこと忘れてた

共通テーマ:映画

引退特別番組 浅田真央26歳の決断~今夜伝えたいこと~ [テレビ]

04/12(水) 19:00 -
フジテレビ|113分

さして思い入れのある人ではないけれど。
引退発表直前に取られたインタビューがあるとのことで、そこらの時間的経緯に興味があって視聴。
ブログで引退発表(10日午後10時51分)をして、本日(4/12)の昼に記者会見。この番組での独占インタビューはそのブログでの発表数時間前に行われたものとのことで、もちろんすでに引退ということを前提にしたインタビュー。
経緯としては懇意にしているこれまでずっと取材をしてきたフジテレビの人との信頼によって成り立っているようで、そのさらに1か月前くらいにその決意らしきものが伝えられ、さらにその後インタビューを受けたいという意向が伝えられたとのこと。
インタビュー以外に実家の神社や母校のスケートリンクでの撮影もあった。よく情報が洩れなかったなと思う。まあ撮影してたからってそれが引退に結び付くわけではないが。
周りにその意思を先に伝えるのは当たり前として、マスコミのインタビューに個別に答えていたとはちょっと白ける気がしないでもない。
その取材者とは相当親密なようで、穏やかな表情にはホッとする。
また引退理由として、オリンピックが終わり一年休養。そして次のオリンピックを目指し復帰。しかし競争の場で自分の今の力を痛感、復帰してみて今の力をわかっての引退の決意という説明は非常に納得がいく

共通テーマ:映画

萩原健一、「傷だらけの天使」を語る。 [テレビ]

02/07(火) 20:30 -
BS12トゥエルビ|30分

BS12トゥエルビで「傷だらけの天使」がスタート。
放映前にこのショーケンへのインタビューが放送された。
結構プレミアム感のある番組だった。ショーケンが冒頭に語ったところでは、この作品はこれまで何度も再放送されてきた(これを今回は再々々々々々々々々々々々々々々放送になります」というような言い回しをしていた)が、その再放送に当たってこういうコメントをこれまで残したことはないとのこと。
最初の構想では映画「スケアクロウ」のようなロードムービーを北海道から九州、できれば沖縄まででやりたかったとのこと。それはダメになり探偵ものになったとのこと。
ショーケンは喋りはスローモーだが、まだまだ元気な印象。もっと活躍してほしい。

名作と誉れ高い今作品、自分はまだ見たことがない。以前、といってもこの日記を書いている最中に再放送をやっているのを知って、1話だけ見た(2014年6月にその日記がある)。そのときはもう放映開始してずいぶん経っているときであり、シリーズ物は全部見たいので、そのときはその1話だけにした。
また今度どこかでやるときを期待しようと思っていたのだが、今回は放映前に気づけて良かった。
録画予約するときにレコーダーにアクセスできるサイトを見たら、「あなたにお勧め」でこの番組(連続ドラマシリーズ)が出てたので、予約をしたのだが、それだけだったら、今番組(この30分インタビュー番組)には気づかなかっただろう。何の気なしに番組欄を見たのがよかった。重複番組がないかどうか調べたんだったかな。番組欄見るにしても、通常BS12なんで見ないからなあ
全部録画を終えてから見ようか、どんなペースで見ていくかわからないけど、多分、録画されるたびに、毎週追っかけで見ていくことになると思う

共通テーマ:映画

あさイチ「能年」、ファミリ―ヒストリ―「北野武」 [テレビ]

テレビはできるだけ見ないようにしており、そしてできるだけ番組の情報も得ないようにしている。情報入れだすととこれも見たいあれも見たいとなってしまうのを恐れてである。
ネットで行き当たった番組の事前情報を見たり、録画してあった映画などの番組の放映前や放映後、またはCMなどで、別番組の情報を見たりして、これは見ておくかみたいな感じで録画することはある。
つまり幅広くない、幅狭い情報からピックアップして時折テレビ番組を見るというのがテレビに対する態度だ。

今回見た二つは両方とも昨日だったかネットで目にして、まあこれも縁かと思い録画した。
あさイチ「新年をスッキリ迎えましょうSP」
12/21(水) 08:15 -
NHK総合1・東京|100分
ファミリ―ヒストリ―「北野武~父と母の真実 阿波国徳島に何が!~」
12/21(水) 19:30 -
NHK総合1・東京|73分

あさイチ
現在芸能界で干されていることで有名な能年(芸名:のん)の出演である。映画「この世界の片隅に」が大層評判でその宣伝かと思いきや、そうではなく、番組の企画に合わせてコメントを言うだけのいわば純粋なゲスト。よくは知らないが、映画は異様な高評価(配給元の会社の株価が急騰したとのことでおれはこの映画のことを知った)なのに能年がテレビから干されている中、この番組ではその映画を紹介し、その際にも出演していたらしく、それなら、今回は映画の宣伝なわけはないか。※
映画の宣伝でないからこそ尚更、よく出演させたなと番組の度胸を歓迎したい。彼女が出演するだけである種のメッセージにもなろう。
しかし、まあ能年は「持ってる」な。実力も運も。すごいと素直に思うし、干すとかくだらないこと止めろやって思う。
※以下のような記事を見かけた。先に能年が出たのは「あさイチ」でなく別番組のようだ
--
10月19日にはNHK「おはよう日本」に出演して「この世界の片隅に」の告知を行った。
さらに12月16日には写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」を発売し、
21日にはNHK「あさイチ」に生出演した。
--

ファミリ―ヒストリ―
特に感想はないが、祖母にあたる人が女義太夫で、という話題で当時の寄席出演表が映ったが、そこに小さんや談志、ブラックの名があったのが目を引いた。
この祖母に当たる人というのがなかなか複雑で、たけしの母親さきの奉公先に義太夫を教えに行き、さきと知り合い、自分の息子と結婚させる。さきの最初の旦那はすぐ死去。その後、甥という名目でたけしの父親を連れてきて、養子縁組をし、さきと結婚、たけしが生まれるという流れ。養子縁組をしてるのだから祖母ということでよかろう、血のつながりからいうと、大おばということになろうか。ただ番組を見ていた感じではたけしの父親とその祖母が甥という関係なのはほんとなのかどうかよくわからないが

共通テーマ:映画

ルパン三世 MX [テレビ]

現在第二シリーズが放映中(10/31から毎週月曜18:30~)
ほんとに偶然だがチャンネルを回していてこれが放映されているところに行き当たった(ちなみにさらに以前第一シリーズもやっているのを偶然にも行き当たって知った、こちらも全話一括なら見てみたい)。調べてみたら第一話。第一話からちゃんと録画できるなら見てみたかったのだが。でも試しに第二話から録画。
子供のころ(多分本放送でなくその後の再放送)見たきりだから、かなり夢中になって見ていたがどんなもんかと。といっても大人になってからもちょいちょいつべなんかで目に入ってきて、結構稚拙だなあとは思っているが。
第二話終了後の次回予告で思うところあり、第三話も録画視聴。
というのもこの第三話、ヒトラーの宝を追うという話。五ェ門が月が明るすぎるといって雲を斬るという場面、これルパンシリーズで子供心に一番印象に残っている場面なのだが、これひょっとしてこの第三話に入っていそう、つまりその場面はドイツの壁を乗り越える場面だったと記憶しており、ピンときたのだ。果たして、それは当たっており、最初のほうにその場面は出てきた。
これはアニメ特有の表現方法だと思う。いや、アニメだけでなくコントなんかにも出てきそうな方法ではあるなそして現実とフィクションの距離感を説明するのにも良い例だと。「現実的でない」というのはフィクションにおいて悪いことではない良い例であるというか。

ちなみに第二話も第三話も話の中身まで結構覚えていて驚いた。子供のころ一回見ただけだと思っているが、一回じゃなくて繰り返し何度も見ていたのかもしれないな。
オープニングの映像なんぞ、何度見たことか。あれ一番最初音楽に合わせてズームアップするところで、なぜか五ェ門にピントが合ってるのが子供心に気になったもんだ。あと音楽は4パートあり登場人物は5人。均等に振り分けられてるかが気になっていたもんだ。第1パートはルパン、第2パートは次元、(第2パートの最後の最後あたりから)第3パートで曲調が変わり不二子、第3の途中から第4の頭まで五ェ門、第4パートで銭形があり、最後は銭形とルパンの追いかけっこから、冒頭にあった銭形が4人を追いかけるシーンで終わる

共通テーマ:映画

孤独のグルメスペシャル! 真夏の東北・宮城出張編 [テレビ]

テレビ東京 8/3

スペシャル版。放送時間は1時間強。
震災後の宮城県。
この番組もだいぶ飽きてきた。

2軒の店を訪れる(最後の最後にもう1軒あるから3軒か)。2軒目の店は女川。ドラマの中では、山道を奥に行っての街道沿いのプレハブの店。しかし、本編終了後の「ふらっとQUSUMI」のときの紹介で、「駅から車で5分」と聞いて驚く。その店はプレハブでの仮営業中で、直に、さらに駅近くでの本営業に移るとのこと

共通テーマ:映画

黒柳徹子だけが知っているTHEテレビ伝説60年史 [テレビ]

テレ朝 7/17

現代のテレビバラエティの王道のような作りになっており、その部分においては最悪。
例えば、「この後すぐ」だのの煽り文句の多用、途中に無意味なクイズを挟み込む、ひな壇に芸能人が数人いて、ガヤを担当、大物ゲストと徹子との対話という演出で何人か出てくるのではあるが、その対話がの見せ方がぶつ切り、つまりは使いたいエピソード部分だけを切り取って見せる、というような部分はせわしなく見ていて落ち着かない。
対談のためのゲストが何人か出てくる。最初は樹木希林で、彼女はその後ひな壇に加わる。彼女も含めひな壇には8人。その中に野際陽子がいる。そこそこ大物だし、キャリアの最初をNHKアナウンサーで始めたという彼女ならトークも弾みそうなものだが、ひな壇の一人であり、あまり目立たず、もったいない。また柳原可奈子もその中にいたが、ほとんど喋らず。
再現ドラマ部分も上記のような演出の中、短いものが何度も挟み込まれる形式。徹子役は清水ミチコ。こないだのNHKでの満島には遠く及ばない。というより、デビュー当時も彼女が演じているのであるが、初々しいはずの徹子が単なるおばさんで、中年の徹子を真似ている清水ミチコでしかない。しかもまだ普通の髪形だったはずなのに、すでに玉ねぎヘアー。
ここら辺は単なるコント

良かった部分もある。貴重な映像や音声が結構多く使われていた。渥美たちとのコント(徹子がオチで「びっくりしたなあ、もう」と言っており、調べてみると、ちょうどそのころてんぷくトリオの流行語だったのだとわかった)だとか、初めての紅白司会の際の音声など。

共通テーマ:映画

人志松本のすべらない話 ゲスト古舘伊知郎 [テレビ]

7/9 フジ
まあ大して面白くはない。こんなもんかなと言う感じ。周りの松本の仲間のような芸人勢とはやっぱ雰囲気が違ってアウェイ感。
芸人たちも絶賛したとあったが、、、

別の話題。
ぴったんこカンカンで披露された現代の外郎売りのネタ。自分は95年の談志の会で見たような気がすると前に書いたが、調べてみると(はっきりとした記録ではないが)、このネタが披露されたトーキングブルースが94年に行われていて、だから当時最新のネタだったということで辻褄は合う

共通テーマ:映画

古舘伊知郎 [テレビ]

バラエティ復帰で先週今週のテレビ2本ラジオ2本を視聴
視聴率も良かったらしい
古舘効果でバラエティー好視聴率「ぴったんこ」「おしゃれイズム」上昇(スポニチアネックス 6月13日(月)13時15分配信)

テレビは
10日TBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」(金曜後7・56)
12日日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜後10・00)
ラジオは両方ニッポン放送
13日のラジオビバリー昼ズ、18日徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー(土曜日早朝)

まあ衰えてないなという感じ。報道ステーションには大いに疑問に思ってはいたが、それ以前の活動で大好きではないものの好感を持っていたので、報道ステーションのアレを見てもそれほど突き放すような気にはなれなかったので、今回の決定は大歓迎。といってもこれからバラエティに本格的復帰したとしても見るようにはならないと思うけど。
司会者以外のアシスタントにいちいち気を使うのが全番組で共通していた。「おしゃれ」の藤木直人や森泉、ビバリーでの松本明子、徳光さんの番組のアシスタントにまで。
話の内容としてはバラエティに振り切っていたものの少しだけ報道ステーション時代を引き摺って「批判もあったが褒めてくれた人もいて、そういう人たちに今やってるようにバラエティが楽しい楽しいと言うのは多少心苦しい面もある」と言っていたこと

古舘さんでおれが覚えてるのが、1995年の談志五夜への出演。内容は覚えていないのだが、出てきて冒頭の挨拶が「談志師匠が今楽屋で二日酔いで苦しんでおります。高座へ出られるようになるまで私が舞台を務めます」みたいなことを言って始めた。そう、この日の談志は二日酔いで落語は止めにして前日一緒に飲んでいたという勘三郎(勘九郎時代)を連れて出てきて、勘三郎は「一緒に謝りに来ました」。その後ビートたけし、そして高田文夫が出たという日。その日の主任・談志の前が古舘さんだったのだ。
「ぴったんこ」で披露していた、ユンケルだとかの現代の薬売りの話って、その談志五夜でも披露していたような気がする

あと、バラエティ時代の古舘さんの些細な場面で爆笑してしまい心に残ってるのが二つある。一つは年末のアメ横での中継。店を回っているのが古舘さんで。店の主人と会話をした後、「じゃあこれもらってていい? もらっていっていいですか、いいですね、はい、ありがとうございます。と、全国中継テレビカメラの前で強奪してしまいました」
もうひとつは、深夜の番組で、なぜか古舘さんがクレーンに吊られているという光景。そこへ大きなニュースが入り、テロップが出たのだ。そしてスタッフからフリップで指示が出たのだろう。「はい、なに? ニュース速報? で、はい、報道へ行け? おれが報道局へ行くの? あ、違う? 報道へ回すのか。では報道局どうぞ」
後者の番組について徳光さんの番組の終了直前で話題が出た。そこへは、徳光さんの番組の次の番組(実際には徳光さんの番組の1時間後くらいの番組)のパーソナリティの八木亜希子が登場して、番組予告をやったのだが、そこで古舘さんが「八木さんとも番組をやらせていただいて、「TV PLUS PRESS」というぼくがクレーンに吊られて・・・」徳光「あれは面白かった」八木「ニュースを解説していく番組でした」
TV PLUS PRESSというのはウィキに項目が上げられておらず(他のサイトでは多少紹介されている)、「(フジテレビ) 1990年4月 - 1991年3月」という情報が載ってるのみ。ちょうどおれがテレビ漬けで朝から晩までテレビ見てた頃だな。とくにあのころは深夜最後までテレビを見ているので、放送が最後まで行われているのがフジテレビという日が多く、テレビ中毒者好みだなあなどと思っていたことを思い出した
前者のアメ横とちょっと関係しているように思えたのは、今回のビバリーで高田文夫との話題。新春に「爆笑ヒットパレード」で中継を古舘に頼んだのが高田文夫とのこと。そのアメ横もフジテレビだったような気がするし、そういうつながりでの仕事のように思える。

共通テーマ:映画