So-net無料ブログ作成

ザ・ウォーカー [映画]

2010 アメリカ 吹替版(大塚明夫)
11/22(水) 00:00 -
BSデジ 191|135分

録画したもののあまり見る気にもならず、といってもどういう映画かも知らなかったのだが、ようやく見たのだが、非常に面白く見た。しかしこれはまったく個人的事情なのだが、一度に見ることができず、数回に分けての視聴になってしまった。自分に集中力がないのも原因だけど。面白い作品だったので集中して一度に見たかった。

序盤に二つの驚きが。ひとつはアル・グリーンの曲がかかったこと(主人公がウォークマンで聞く)。聞いたことある曲(多分とても有名な曲)ではあるのだが、自分はそれほどよく知ってる曲でもないのだけど、なぜかイントロの音でアル・グリーンを思い起こしていた。なぜだろう。字幕をつけて見ていたのだが、そのとき曲名が出たからかもしれない(曲名見ても知っているわけではないが。ちなみに曲名は「How Can You Mend A Broken Heart」)。
ふたつめは、トム・ウェイツの出演。意外ではないのだろうが意外。といおうか、彼が出ているのだったら、それを見れるだけで自分にとっては価値ある。吹替版で原語は入っていないので声が聞けなかったのは残念。ちょっと声が合っていないかなと思った。全般的に声が合ってない感じはした。

主演はデンゼル・ワシントン。
原題は「The Book of Eli」。Eliは主人公の名前イーライ。The Bookは聖書だと思う。ウォーカーはイーライがその世界でそう呼ばれているあだ名。
話自体は全然違うが星新一のショートショートで文明の滅んだ世界で「ホン(本のこと)」を探す話があったと思うがそれを思い出した。イーライの持つ「本」を奪おうとする一団との闘いというのが本作の概要。でその「本」が作中で「聖書」だとわかってくるというような内容。
舞台は終末戦争後、(核戦争があったというようなことは描写されないがたぶんそういうことも起き)文明が滅び、生き残った人間たちは弱肉強食の論理の中に生きているというような世界観。ここらはおれが思い出したのは星新一、小松左京、筒井康隆の描くようなSF小説。それだけに限らずSF小説で常に描かれるようなテーマであろうし、SF小説だけでないな、漫画でもゲームでも度々使われる世界観だろう。
そのような中、聖書を持ち神の声に従い西へと向かうイーライ。立ち寄った町でその聖書を奪おうと狙っている男と遭遇し追われることになる。その街で出会った女はイーライについてきて旅を共にすることになる。
ストーリーはシンプルで上記だけに絞られており、イーライは最終的に敵を払いのけ、目的地にたどり着く。払いのけ、と言ったが、撃たれても死なないというイーライは神に守られた存在でそこらへんでハラハラする感じはない。
目的地とは、文明を復興としている活動をしているアルカトラズにある一団で、イーライはそこにたどり着き自分が聖書を彼らに伝えることが使命だったことを知るという結末でそこらへんで流れる音楽は神々しい。ダニエル・ラノワプロデュースのネヴィル・ブラザースのイエロー・ムーン(アルバム)あたりの音を思い出した。たしかあれも神をテーマにしている。
大雑把なまとめだが、イーライは終末戦争後のキリストなのだろう

ここまでは見終えての感想なのだが、いくつかのサイトでこの映画の評を読んだが、えーっと思ってしまった。聖書が点字で書かれており(ここはわかった)、つまりイーライは目の見えない設定なのだと。せおして常に読み続けていたので全部を覚えてしまい、アルカトラズで口述で伝えたということなのだと。そしてあるサイトではイーライが目の見えないという設定はわかったが、さらに映画のエピソードとして、「イーライは目が見えないという設定をラストで明かそうとしたが、それをするとそれまでの作品内容と矛盾していしまうから、イーライが目の見えないという設定はなしにした」というものがあるとのこと。つまりイーライは目が見えないのではなく、必死で点字を勉強して聖書を読んでいたということ。
うーむ。目が見えていなかったとは見終えても全然気づかなかったわ。

色合いがとても特徴的。なんという技法かわからないが、モノクロのようなカラーという印象。数年後この映画を思い出すとき、モノクロ映画だったと記憶してそう。よく見りゃカラーなのだが、その色調が抑えられており、派手な光沢は抜けたセピア色とでもいうのか、そんなトーンで統一されている。
映像の格好良さに酔う作品という感じがした

共通テーマ:映画

愛の施術 至極の教典TAO(タオ) [映画]

2008 アルゼンチン、フランス
11/4 シネフィルWOWOW

エロ。でもエロ専門チャンネルというわけでもないし、それなりに芸術性もあるのかと思い見てみた。セックスそのもののシーンもそれなりに多く、ボカシが大きい。
主人公の名前がエロイというのが妙におかしい。エロという語は外来語だから、ある程度意識的なのかも。本編は舞台はアルゼンチンでスペイン語


共通テーマ:映画

ポーキーズ [映画]

1982 カナダ・アメリカ
02/05(月) 01:15 -
BSデジ 252|104分
【無料】

これは子供のころ公開されてて宣伝やってたのを覚えてる。
セックスのことに夢中な男子高校生グループを主人公にしたコメディ。
主人公男子高校生グループが複数人いて、全然顔が覚えられない。
言葉の問題に関するギャグもあるようでよくわからない※
ストーリーはわかったけどわかる範囲でいえば、ショーもない作品


中盤で発せられる「ワタシ・アレスキー」については検索したら出てきた
--
客の呼び出しで「Mike Huntさんいませんか?」(リエゾンで"My Cunt"(私のおxxこ)になる)と言わせるところを、「ワタシ・アレスキーさんいませんか?」にした超訳
--

柔術を習ってる学生が出てくる。柔術を「日本の」と言っている。ブラジルのものなのではないかと思ったが、検索すると、ブラジルのものは日本のものから発展したものでありブラジリアン柔術というらしい

共通テーマ:映画

赤穂城断絶 [映画]

1978 日本
02/01(木) 13:00 -
NHKBSプレミアム|161分

深作欣二が監督、主人公大石内蔵助を演じるのは萬屋錦之介、1978年のオールスターキャストの作品というところに見どころがあるように思える。これがもう20年も前になるとオールスターキャストといっても随分メンバーが違うのであろうが。深作監督馴染みのキャストがずらり。松方弘樹、渡瀬恒彦などの名前を見て、「仁義なき戦い」風なのかと期待した。
千葉真一が重要な役どころ、いまウィキを見てみたら、この人こそ深作と何本の作品を作って大ヒットを出していたとのこと。
有名なエピソードが全部網羅されているかといえば、結構外れているものも多い。有名な「南部坂雪の別れ」は全カット。内蔵助の陣太鼓もなかった。
またオリジナルのエピソードも挿入されているようだ。大野九郎兵衛が京都で遊び惚けている大石に面会し、大石を狙ってきた吉良方に討たれるなんという描写もあった。
見終えてから以下のウィキの記事を読んで、ほぼ納得。そういうことか、という感じ
--
映画『柳生一族の陰謀』が大ヒットしたため(日本では同年1月に公開)、東映社長の岡田茂が深作欣二へ萬屋錦之介を主役にして、忠臣蔵を題材にした映画を製作するよう指示した。深作は従来通りの忠臣蔵か、実録調など検討した結果、最終的に討ち入りよりも赤穂と吉良のスパイ合戦をメインの内容にしようとした。参考試写で戦前の『元禄忠臣蔵』を観た深作は脱落していく浪士たちの物語に感銘を受け、これも盛り込もうとしたので、主人公の大石内蔵助(萬屋錦之介)の存在はどんどん希薄なものになっていった。深作と岡田は吉良上野介の視点からの忠臣蔵を描きたく、配役は錦之介を吉良、金子信雄を大石内蔵助でプランしていた。しかし東映京都撮影所で育ってきた錦之介にとって大石役は、これまで片岡千恵蔵、市川右太衛門ら"御大"たちの演じてきた"役者の本懐"であり、吉良役を受け入れる筈もなく、歌舞伎関係の周囲にも吉良役を反対され、従来通りの忠臣蔵を要望し堂々たる大石像を求めた。既に『柳生一族の陰謀』でも深作と錦之介は撮影時に対立しており、本作では錦之介がカメラマンの交代を求め、クランクイン後も深作と錦之介は決して折り合うことはなかった。遂に深作が岡田へ降板を申し出るが説得され、本来のオーソドックスな作品で完成したが、『柳生一族の陰謀』の半分にも満たない興行成績に終わった。

それでも何か変化のあるものにしたかった深作は、主君の無念を晴らす赤穂浪士と吉良家の対立による仇討ちと描写されてきた物語に、本作では討ち入り時の不破数右衛門(千葉真一)と小林平八郎(渡瀬恒彦)の一騎討ちで劇を盛り上げ、赤穂浪士が公儀へ反逆したと認識する幕府、単なる美談調の展開にせず討ち入りから脱落してゆく浪士や死にゆく者など、全編をドキュメンタリータッチに演出した。錦之介の意向を汲み取り仕上げられた本作は深作にとって窮屈さと不本意なもので、16年後の1994年に深作は再び忠臣蔵を題材にした映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』を作った
--
大野九郎兵衛は大抵の忠臣蔵で逃げてしまった情けない家老として描かれている。自分は子供のころ全部通して見た大河ドラマは3本。そのうちの一本が「峠の群像」。子供のころ見たものはそれ一回きりしか見ていないのによく覚えているもので、これも結構覚えていて、自分の忠臣蔵像はこれだ。この作品で大野ってどんな感じで描かれていたかなあ、そこまで情けない卑怯者みたいな感じではなかったような気がする。

今作品で千葉真一が演じるのは不破数右衛門。忠臣蔵で名前は聞いたことあるが、どんな人かあまりこれまでちゃんと知らずに、単に47人のうちの一人としか認識していなかった。



共通テーマ:映画

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [映画]

2010 アメリカ、イギリス、日本
01/30(火) 01:59 -
日テレ1|120分(上映時間 112分)
映画天国

番組サイトから--
恋した彼女と付き合うには7人の元カレ軍団を倒さなければいけない!? 大人気コミックを実写映画化!新感覚のラブバトル・アクションコメディー!

22歳無職で、売れないバンドマンのスコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、ある日、ニューヨークから引っ越してきたラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に一目惚れをする。どこか不思議な魅力を持つラモーナに夢中のスコット、ついに彼女と初デートをすることに! しかし、この後人生最大の試練が訪れる…。地元のバンド大会に出場したスコットは、突然乱入してきた男に攻撃を受ける。その男の正体はなんとラモーナの1番目の元カレだった。ラモーナと付き合うには元カレ全員と戦い、倒さなければいけないという!? はたして、スコットは邪悪な元カレ軍団を倒し、恋する彼女と無事結ばれることができるのか!?
--
上記のようにコミックが原作ということで、マンガらしい仕掛けだらけ。代表的なものは擬音(電話がかかってきたベルなど)が表示される。
序盤の今作の設定を見せるところは展開が早くこれもマンガっぽい。イマイチ乗れずに見ていたので、なにがなんだかわからず何回か見直した。大体世界観がわかったところで段々面白く感じてきた。バカバカしさが今作の一番の見ものだと思う。
主人公は元カレ軍団7人を倒していくという展開で、その倒していく過程ではアクションもあり、ひとつひとつ敵を倒すというようなところはバトルゲームっぽい。このストーリーは1人目を倒し2人目が出てきたときに、想像ができ、その通り単調に進んでいくのですぐ飽きてしまった。
その敵を倒す戦いは喧嘩ばかりではなく、バリエーションに富んでおり、なぜかベース対決だとか、同じ舞台で2バンドが同時に演奏する対決とかあり、バカバカしくて楽しい。ここらへんは「デトロイト・メタル・シティ」風か。
製作国に日本が入っているのはどういう絡みだろうか。日本も含め東洋人が何人か出てくる。主要登場人物のひとりは中国系。また対決相手の5、6番目が兄弟で日本人(ここが同時にステージに立ってのバンド演奏対決)。また主人公がパックマンについて言及する場面が2ある。名前の由来が日本語のパクパクからきていてパックマンなんだけど、puckmanでなくpacmanなのは、誰かがいたずらしてpをfに変えるとまずいからなんだよという知識を得意げに女の子に話すのだ。

音楽は現代のロックバンドが担当しているようだ。
--
ベック、メトリック、ブロークン・ソーシャル・シーン、ブルートーンズ、コーネリアスらがサウンドトラックとして楽曲を提供し、レディオヘッドのプロデューサーのナイジェル・ゴッドリッチが音楽監督を勤める。また、他に『ゼルダの伝説』の音楽がBGMとして使われている。エドガー・ライトは、音楽の使用許可を得るために任天堂に映画のクリップを送り 、「彼の世代の童謡」と評した手紙を書いた
--
古い音楽としては、ストーンズのアンダー・マイ・サムやTレックスの曲が使われていた

舞台ははカナダ、トロント。これは原作通りで原作者がカナダ人のようだ

ウィキに--
IGNでは本作を「ファニーでオフビート」と評され、「任天堂とMTVで育った我々ワイヤードな世代の人間にはベストだ」として10点満点で8点を与えた
--
とあるが、非常にわかる。ワイヤードとは「インターネット接続環境にある人々を指す。 本来は有線、有線テレビなどの加入者や配線済みなどを意味する」とのこと

共通テーマ:映画

幕末太陽傳 [映画]

1957 日本
02/02(金) 13:00 -
NHKBSプレミアム|112分

名作と評価の定まった作品。これを最初からちゃんと見るのは初めて。

いろいろな有名俳優が出ているが、ここでびっくりしたのは梅野泰靖が結構大きな役をやってること。昔から著名だったのか。なお映画でのデビュー作らしい。
石原裕次郎は苦笑いしたくなるほど、石原裕次郎っぽい役柄、役作り。これしかできないのではと思えるし、また彼の出ていない作品に、このようなキャラクターってあまり出てこないようで、彼しかできない役柄のように思う。

多くの落語をかなり忠実に、でもそのままではなく演出を加え、主人公を中心にひとつの物語にしている。その落語群はたとえば『居残り佐平次』『品川心中』『三枚起請』『お見立て』など。さらに登場人物の名前や設定から落語のネタを想定させるものも多くある。大工長兵衛の娘おひさが借金のカタに品川の遊郭旅籠で働かされているというのは「文七元結」だし、その旅籠の若旦那、徳(梅野泰靖)が吉原で放蕩三昧なんてのは「よかちょろ」「船徳」なんかを思い起こす

テンポがよい。「デジタル修復版」とのことで音声も画像も良い。

いまNHKでやってる「超入門!落語 THE MOVIE」を思い起こした。こちらは落語初心者向けに落語をそのまま映像化したもので落語家の口跡に役者がアテブリをするというもの。アテブリでなくやると、この映画のようになるのかなとも思うが、これは一本の映画作品であり、そういう意味では当たり前だが、相当の演出が入っている。とくに落語に関係のない石原裕次郎演じる高杉晋作のパートなんかはそう。こここそが作りたかったところ、というようなことはないだろうが、そういうところに思想性を感じる。
談志が既存の落語に別の解釈を施していたが、そういうことに通ずるようにも思った。
そういえば今作品の一番のバックボーンである「居残り佐平次」。これを談志は落語の最高傑作のひとつとしており、佐平次が肺を患い品川で養生するためにやってきたという設定を一切省いたことを思い出した。見てる分にはただそれを言わないだけで小さな変化のように見えるが、結構大胆な設定であり、でもそうしなければならなかった談志の考えもわかる。談志信者だったころはその解釈の変更にしびれて、これこそ絶対だと思っていたのだが、今ではその解釈が絶対だというつもりもないけど

共通テーマ:映画

キングコング [映画]

1933 アメリカ
スターチャンネル 2/1

スターチャンネルで「映画をもっと 特別無料放送」という企画をやっている。1日1本映画の無料放送。自分が気付いたのは昨年末から。もっと前からやっていたかもしれない。
録画を延々重ねているが、年末年始は見るものも多く、まだ1作も見ないまま。これが最初の視聴だ。

キングコングは新しいリメイクを最近見たばかりなので、今作も入りやすかった。ストーリーは同じ。
1933年の作品ということで特撮は今の目で見ればお粗末。だが、だからこその迫力も感じられるし、また当時はこれでよかったのだろうと思う。ストーリーがシンプルなのも、そういう迫力に貢献していると思う。
キングコングは大きさも迫力も感じられない。
新作にあるキングコングとヒロインの交流みたいなものや、キングコングの文明社会に迷い込んだ悲哀みたいなものは本作にはない。ここらはあったほうが深みが出るように思う。
島に恐竜がいろいろ出てくるのは今作もリメイクも同じ。これは見せ場というか興味を惹き続けるためのものだと思うが、考えてみると、ここらへんは無駄に思える。島に島民たちと、異形の生物キングコングのみが存在するという風にしたほうが怖さが引き立つような気がする。


共通テーマ:映画

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK [映画]

2016
12/31(日) 21:15 -
BSジャパン|135分

ビートルズの伝記ドキュメンタリー。監督はロン・ハワード
マニアックなファンでないので、この作品の中に珍しい映像やエピソードがあるのかどうかわからない。平凡なものに感じた。作品について検索するとサブタイトルに「The Touring Years」とある。なるほど、ツアーの記録であり、ツアーを止めると宣言して以降のスタジオアルバムについては、その後数枚出されたというナレーション程度で終わっており、解散に至るトラブルについては一切言及がなく、しかしそのサブタイトルに合わせてということか、有名なロンドンのアップルの屋上で行われた最期のライブ演奏が最後のほうで映し出される。作品を通して見てきているからかこれが良い。ファンへのビートルズとしての最後の挨拶のようで。
また、日本公演の様子が結構時間を割かれて紹介されている。インタビューされているのは浅井慎平。この人選はどうかと思うが、この日本公演での仕事が彼の写真家としてのデビューとのこと。
そして、右翼によるビートルズ日本公演に対する反対運動が大きく取り上げられている。そういうことが起きたのは知っているが、そこで映像として紹介されるのが、赤尾敏や彼が率いる愛国党の宣伝ビラ。これもどうかと思う。赤尾敏なんて国民の間で大きく支持されていたわけでなく、そういった極右がビートルズを攻撃していたのが日本だというイメージはおかしい。もちろん保守派の間でそういう論説がなされていたということは知っているが、ならそれを想起させるような映像にしてほしいものだ

共通テーマ:映画

ファミリービジネス [映画]

1989 アメリカ
12/02(土) 19:00 -
BS日テレ|114分(上映時間 110分)

--主役となる泥棒一家三代をショーン・コネリー、ダスティン・ホフマン、マシュー・ブロデリックといったスター俳優が演じている。しかし映画としての評価は芳しくなく、興行収入も期待を大きく下回った
--
家族の絆を描くことをメインにしたようで、それを笑いというか幾分ほのぼのとした感じで描かれており、上記のように盗みを題材にした犯罪ものなんだけど、その盗みをやる場面などの部分は弱い。盗みに入る場面なんかは緊張感がほとんどない。
つまらなくはないんだけど、全然集中できなかった。自分のほうに責任があるんだけど。

共通テーマ:映画

必殺仕事人の新作 「必殺仕事人2018」 [映画]

昨夜(1/7)放送
見逃したぁぁあああ
録画を見終え、テレビに戻したときに気づいた。50分ほど経過。そこから録画し始める。チョコチョコと放映のリアルタイムでも見た。中村主水が復活だそうで。どうせ失敗だろうな。うまくいくわけがない。そのシーンも1シーン見たけど、余計なことやんなきゃいいのに。復活って生きてたことにするのかいな。まあ旅に出たという設定で消え去ったと記憶しているが。
さて再放送あるのだろうか。今までみてきた感じからするとなさそう。調べてみると、新作が放映される時期に合わせて前回分が再放送されるというような書き込みが散見できる。ううむ。
録画できなかった部分だけどこかの動画サイトで探してみようか・・・。不覚

1/26追記
動画サイトで探し、録画し損ねた部分を視聴。残りは録画で。
放映日は2018年1月7日21:00 - 23:10にテレビ朝日系列。
タイトルはシンプルに「「必殺仕事人」となっているようだ。

動画サイト、無料だから文句は言えんが紛らわしいものが多数アップされている。つべにはなかった。デイリーモーションにて。
2分割、3分割でアップされているようなのだが、パート1とされているものを見ても、頭が切れているのか、音楽が途中だったり、セリフが途中だったり。ようやく最初かららしきものを見つけたが、これもちょっと微妙。星田英利がお菊に依頼している場面から。ウィキを見ると、そこが冒頭らしく、ちょっと頭が切れてるのかもしれないが、面倒になり、それで妥協。
テレビでネットに接続する方法があるらしく、つべにはすぐつながるようなのが、ほかのデフォルトで表示されてないサイトに行く方法がわからず、調べるのも面倒であきらめてPCにて視聴。そういえば、一時期テレビでつべを見ていたが、それも今は全然やっていない。そのやり方も、テレビで表示されるつべに自分のIDでログインすると、PCと連動できるので、動画の検索がはかどるのであるが、その方法も忘れてしまった。

内容については、いろいろ言いたいこともあるが、まあこんなもんなのだろう。評価できない面多々。評価できるところは、メインテーマがいま世界で頻繁に行われている子供を使ったテロを題材にしており、そのチープさが必殺らしく、面白くはないが、まあいいんじゃないかと思う。
主水が出るという演出はダメだろう。やっぱ新しく取ることできないから、ほんの少ししか出すことができない。こんなものはいらん。
ストーリー上の小五郎の子供のころの因縁だとか、リュウの記憶喪失なんかも無駄に見えた。
仕事人メンバー。リュウは論外。涼次、いいところもあるんだけど、せりふ回しの気取ったところがどうも浮いてしまう。遠藤憲一、シリーズでだんだん馴染むという経過を経ていないので、色を出そうとして苦戦してしまっている感じ。
敵役、奥田瑛二、黒木瞳、存在感なし。もったいない使い方

共通テーマ:映画