So-net無料ブログ作成
検索選択

クライムダウン [映画]

2011 イギリス 吹替版
08/06(日) 15:00 -
TOKYO MX2|105分

CMなしで放映
サスペンス。それなりに怖くできていて面白い
テレビ放映のタイトルわきに「楽しい登山が一転、恐怖の登山へ」とあるけど序盤の登山が全然楽しそうじゃない。まあそれはそれとして、5人組の登山の最中に空気穴のある地中に埋められた箱に閉じ込められていた少女を発見してしまい、5人は彼女を助けようとするが、銃撃が開始され執拗に追い回される羽目に陥るというような話。
先に登場人物グループを整理すると、その5人組、助け出された少女アナ、そして彼女を誘拐したグループ(2人組、もしかしたら3人組かも)、アナの父親たちの組織と、彼らに雇われた身代金を持って誘拐グループと交渉しアナを引き取りに行くグループ(これは3人組)となる。アナの父親は戦争犯罪人であり、なにやらえげつない組織のボスらしきことが語られる。
中盤までは山が舞台で、序盤の山登りのところからそうなのだが、相当危険な崖をよじ登るようなことをやっており、その映像、崖の全面と小さく映る人間の対比の映像や、崖を伝う人間の上を見上げ、下を見下ろす映像、どれも高所恐怖症の人間だったら相当怖い映像が満載。
この5人組は4人までが死んでしまい、最後まで生き残った女アリソンが主役ともいえるが、中盤以降は誘拐グループ対交渉人グループの争いのような様相になって焦点が変わっていく展開でもある。
最後はちょっとモヤモヤした終わり方。事件が終わりアリソンは負傷し救急車、少女アナも同乗。
アナの父親は誘拐グループを処刑、交渉人グループの生き残り(一人は死亡、もう一人はアナの父親と近い人間らしい)は金をもらい自動車で引き揚げていく。アナの父親のいわくありげな感じが最後まで明かされないところと、アナを結局取り戻せてるのかよくわからんあたりがモヤモヤ。
もうひとつ腑に落ちないところ。誘拐グループが初めて顔を現す場面。まず狩人2人組が出てくるのだが、これがちょっと映画的ルール違反というか、アナを連れた5人組が映像で捉えられ、その後この狩人二人組が銃を構えてる場面になる。これでこの二人組がアナ、及び5人を狙っているように見える。そこで交わされる「ここでは止めておこう」とのセリフ。で次の場面になるとこの狩人がついに狙いを定め、というところで別に二人組が現れ、「ここで何をしてる、狩りが許可されてる季節は終わってるぞ」などと言い出し、結局狩人二人は殺され、ここで現れた二人組がアナたちを狙っていることがわかるのだが、この狩人二人組を出した意図がわかりづらく、また誤解させるような演出の意図もわからない。この場面終わってからも、実はこの狩人二人組がなにものなのかよくわかっておらず、もしかしたら事件の関係者なのかもしれないなどとも思っていたのだが、最後まで見ても特に狩人二人組への言及もなく、ということは、狩の季節がどうのこうのということから推測すると、あれは単なる狩人だったのかと解釈。にしてはその二人組やけに狂暴そうで、さらに会話も意味ありげだったけど。もしかして全然見誤っているかもしれない(レビューサイトでその二人組は人間狩りをしている二人組と指摘している人がいた。そう取れば事件とは関係がなく、また狂暴そうだったり意味ありげな会話も説明がつく感じだ)

共通テーマ:映画

ゲット・スマート [映画]

2008 アメリカ
08/08(火) 01:59 -
日テレ1|119分|7倍録
映画天国

作品の紹介文を読んで、コメディっぽいけどコメディと書いてないし・・・。以下コピペ--
アン・ハサウェイのセクシーなアクションは必見!革命的スパイ・ムービー!

米国極秘諜報機関“コントロール”の本部が襲撃され、すべてのエージェントの身元が暴かれてしまう!そんな絶体絶命の状況でチーフ(アラン・アーキン)が決断したのは、エージェントになりたがっていた分析官・マックス・スマート(スティーブ・カレル)を昇格させることだった。マックスはあこがれのエージェント23(ドウェイン・ジョンソン)と組んで活躍することを夢に見ていたが、そんな彼の素性も敵にはばれてしまっていた。そこで、マックスと組むことになったのが、ただ一人面が割れていないエージェント、超美人だが性格はキツイエージェント99(アン・ハサウェイ)。経験は皆無だが、熱意だけはだれにも負けないマックス。果たして、99と共に敵を倒すことができるのか―!?
--
冒頭でギャグが数連発。ああ、コメディなのかとこちらの気持ちもそれに合わせる。
延々と絶え間なくギャグが出てくるタイプの作品。いくつかは笑ってしまったが、笑いのことよりギャグを連射することによってリズム感が出るのが目的なのかも。
中身はわりとどうでもいいのかも。紹介文にはアン・ハサウェイのアクションが見ものとあるが。
ラスト近くのヘリと車を使ったアクションシーンで、エージェント99にマックス・スマートが自分の左ポケットにあるナイフを取り出すように言い、99が足でそこらへんをまさぐると、ちょっと嬉しそうに悶え、それはナイフじゃないよと言うギャグとか、さらにそのアクションシーンの続きで、マックスと裏切り者とわかったエージェント23が素手で闘うという場面で、マックスは序盤にあったキスで相手をうっとりさせ油断させるという方法(エージェント99が敵の男に仕掛ける)を頭に浮かべ、エージェント23にキスをするというギャグは、アクションシーンという緊張感の高まってるところでのギャグであり効果的。
マシ・オカという日本人俳優が出てくる。割と有名な人だが、作品見るのは初めてだと思う。




共通テーマ:映画