So-net無料ブログ作成

最後の恋のはじめ方 [映画]

2005 アメリカ
07/08(土) 19:00 -
BS12トゥエルビ|135分
【土曜洋画劇場】

ウィル・スミス主演。現代を舞台にした軽い恋愛コメディ
主人公はヒッチで原題も「Hitch」。恋愛アドバイザーをやっている。そして彼が恋に落ちるのが、ゴシップ新聞社記者のサラ。またヒッチが恋愛アドバイスするのが、アルバートという太った男性で会計士。彼の目当てがアレグラ・コールというセレブ(彼女の会計をアルバートの会社が担当していて、そのチームの一員がアルバート)。この4者の諸々が描かれる。アルバート役のケヴィン・ジェームズが動けるデブという感じで目を惹く。

オープニング、いきなりサム・クックのワンダフル・ワールド。続いてジミー・クリフのYou can get it if you really want。好きな曲が2曲連続でテンションが上がる。序盤はノンストップで音楽がかかり、この手のものが多かったように思うが知ってる曲はなかった。が通してみると、この手の音楽満載という感じではなく、現代的なビートの曲も多し。ちなみにこの2曲、どちらもこの作品のテーマに非常に沿ったもの(ほかの曲は知らない曲なのでわからない)。ワンダフル・ワールドは恋の歌だし、You can get it if you really wantは欲しいものを手に入れるために努力しようみたいな歌。
最後に主要登場人物のダンス。あまりうまくもなく意味不明。意味不明って程でもないか、ありがちではあるし。


共通テーマ:映画

マイレージ、マイライフ [映画]

2009 アメリカ
08/05(土) 19:00 -
BS12トゥエルビ|130分
【土曜洋画劇場】

ジョージ・クルーニー主演
監督はジェイソン・ライトマン
面白かった。ただ、ストーリーだとかキャラクター設定だとかは比較的予想を裏切るようなものだったように思うが、いや~そんなことないのかな。ちょっと評価しづらい。
主人公ライアン・ビンガムは「解雇宣告人」で、1年のほとんどを出張に費やし、マイレージを1000万マイル貯めるということを目標にしている男。この時点で、ちょっとおかしな人、おかしな人生観だと感じ、そういう人間がなにかのことでその人生観を修正させるような話かと予想した。
二人の女が出てくる。一人はアレックス、出張中のホテルで知り合い自分と同じような生活、人生観を持っていることから、ベッドをともにするが、お互いに当然恋人になろうなどとは言わない。
もう一人はナタリー。ライアンの会社に出張は全部止めにして、ネットで「解雇宣告業」を行えばいいという主張をして、入社してきた若い女。このナタリーという女が古いやり方を改革していく世代の象徴かと思って見ていると、ライアンの生活態度を保守的でないと批判するような人で、ちょっとアレっと思う。また、このナタリーと出会ったことで(ネットでの解雇宣告はまだ早いという判断からライアンと一緒に出張して仕事を学ぶことになる)、ライアンが生活信条を見直すのかと思っていると、そうでもなく、むしろ新人に仕事を教えながら自分の人生観をも語るという、ライアンのほうはまったく揺るぎないのだ。
であるから、そこらへんラストでどうなるかに興味が集中。
ついにネットでの解雇宣告の方法を採用することになりライアンの出張は全部中止になる。とここらへんでライアンにも心境の変化が出てきたか、恋人のような関係を望んでいなかったはずのアレックスの家を訪ねると、なんと彼女は実は家庭持ち。旦那も子供さえもいたのだ。
ナタリーのほうは、ライアンと回っていたときに、解雇されたら自殺すると言ってた女が本当に自殺をしたことにショックを受け会社を辞めてしまい、社もネットでの解雇宣告の方法は凍結し、ライアンの出張が復活する。
ライアンはナタリーの再就職に推薦状を出してやる。
といった感じで終わっていくのだが、ということはライアンは色々あり、心境の変化もあったものの、現状はなにも変わりなしということなのだろうかな

ラストのスタッフロールのところで2曲かかるが、2曲目の前に何やらコメントが入る。「ジェイソン、僕はケヴィンだ。リストラされて失業中だ。僕の曲を聞いてくれ、よかったら映画に使ってくれ」みたいな。そして、スタッフロール終了とともに曲も終了し、録音テープを止める音で作品は終了する。
この曲について調べてみると、ケヴィン・レニッックという人の「Up in the Air」という曲で、今作の原題と同じ。なんと本当に失業中のケヴィンが自分で作った曲と同じタイトルの映画があると聞き、監督に会い曲を渡したところ作品内容ともぴったり重なるとのことで採用されたとのこと。、
オープニングの静かなファンクが格好良い。ドクター・ジョンがエリック・クラプトンと「St. James Infirmary」をやってる映像がつべにあるが、そんな感じの曲。ラストのソングクレジットで確認したら、有名な「this land is your land」というウディ・ガスリーの曲。フォークの曲だったか。全然気づかなかった

共通テーマ:映画