So-net無料ブログ作成

キングコング [映画]

1933 アメリカ
スターチャンネル 2/1

スターチャンネルで「映画をもっと 特別無料放送」という企画をやっている。1日1本映画の無料放送。自分が気付いたのは昨年末から。もっと前からやっていたかもしれない。
録画を延々重ねているが、年末年始は見るものも多く、まだ1作も見ないまま。これが最初の視聴だ。

キングコングは新しいリメイクを最近見たばかりなので、今作も入りやすかった。ストーリーは同じ。
1933年の作品ということで特撮は今の目で見ればお粗末。だが、だからこその迫力も感じられるし、また当時はこれでよかったのだろうと思う。ストーリーがシンプルなのも、そういう迫力に貢献していると思う。
キングコングは大きさも迫力も感じられない。
新作にあるキングコングとヒロインの交流みたいなものや、キングコングの文明社会に迷い込んだ悲哀みたいなものは本作にはない。ここらはあったほうが深みが出るように思う。
島に恐竜がいろいろ出てくるのは今作もリメイクも同じ。これは見せ場というか興味を惹き続けるためのものだと思うが、考えてみると、ここらへんは無駄に思える。島に島民たちと、異形の生物キングコングのみが存在するという風にしたほうが怖さが引き立つような気がする。


共通テーマ:映画