So-net無料ブログ作成
検索選択

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [映画]

2011 アメリカ
NHKBS 3/12

シリーズ第4作
これまでで一番面白かったような気がするがどうだろう。印象に残ったのは中盤あたりの吸着する特殊手袋を使って高層ビルを窓伝いによじ登っていくところ。スリリングで怖い。
一方そこを終えたあたりからの後半はちょっとストーリーとアクションのバランスからしてアクション満載でストーリー的には間延びしてる感じ
見終えた後、ちょっと調べることがあって、第1作をチラッと見たが、当たり前であるがトム・クルーズの見てくれ、だいぶ違っている。順に追って見ているときは随分若さを保っているものだと思っていたが。

シリーズ通してのウィキにシリーズごとの出演者表が乗っていて、1-3作のうちで2作以上出ているのはトム・クルーズのほかには一人だけ、ルーサー役のヴィング・レイムスなのだが、これまでの作ではチームの一員で出番はたくさんあるのだが、今作では特別出演のような扱いで最後にチラリと。
また前作で登場したイーサンの妻、ジュリア(演じるのはミシェル・モナハン)は作中死んだと説明されていたが、なんと生存しており、そのルーサーの出番のあと、ラストのラストでこちらもチラリと。
それからその表には、第1作に出ていたアンドリアス・ウイスニウスキーが第4作にも出ているということが記入されてるが、これは同じキャラクターでもないし、多分チョイ役(自分はどの人だかよくわからない)なので記載するほどのものだろうか。
今作のラストで前作までのキャラが出てきたところはシリーズものならではであろうが、前作までを見ていると(今作でもラストを除けば)、イーサンひとりが活躍するタイプのシリーズで、例えばレギュラーキャラクターが大量に出演する「男はつらいよ」だとか「必殺」とかとは異なり、「ダーティハリー」とか「木枯し紋次郎」とかのタイプ。シリーズものならではのお約束みたいのも少ない。あっ、と、指令が来る場面、「何が起きても関知しない」だとか、「この指令書はこの後消滅する」だとかはお馴染みのパターンだな

ボーン・イン・ザ・USAのTシャツを着ている場面があり、わざわざ字幕でも出た。なぜこの時代にボーン・イン・ザ・USAなのだろう

共通テーマ:映画