So-net無料ブログ作成
検索選択

ラビット・ホール [映画]

2010 アメリカ 評価S
イマジカBS 6/4

甘めだけど評価Sをつけておく。静かな進行で地味な展開の作品だが、飽きずに見れたので面白いことは面白かったのだろう
幼い息子を亡くした夫婦の話。先にちらりとは概要を読んでいて、なにか勘違いしていたのか、サスペンス調の盛り上がる作品かと思っており、序盤は静かな始まり中盤まで地味な展開ではある。イライラしてなにごとも悪い方向へ話を持っていくという嫌な性格をした女の地味で些末な生活を描いた作品に思えた。しかし、ここから何か起こるかと期待していたが、最後までこの調子だった。

ラストシーンが終わりスタッフロールでかかる音楽が静かで優しく切なげながらも温かみのあるインスト。ラストシーンでこの夫婦の問題はなにも解決していないけど、この音楽が象徴するように、バッドエンドではない。
主人公ベッカの母親、この母親も息子を亡くしているがそれは息子が30歳の時であり、ベッカの息子とはやや異なり、そのことで言い合いになったりもしているのだが、その母親のセリフに息子を亡くした痛みは最初は大きな岩だったが、今ではポケットの中の小石、あることさえ忘れてしまうこともあるが、ポケットに手を入れればいつもそこにある、というようなものがあったが、ベッカ夫婦も息子の死を受け入れ社会で生活を営むという方向へ向かっているというラストなのだろう。

主演のニコール・キッドマンが製作も兼ねている。ナタリー・ポートマンといつもごっちゃになってしまうが、ニコール・キッドマンのほうは自分はほとんど見たことがない。もしくは見ていても印象に残っていないのかもしれない。
いま出演作履歴を見ていたが、そういえば今日のNHKBSで彼女の代表作らしき「誘う女」というのがやっていた。そしてこれまた代表作だと思われる「めぐりあう時間たち」も録画してあるはず。早々に見てみよう

タイトルは、登場人物の一人が描いてるコミックのタイトルで並行世界をテーマにしたもの。物語としては、ベッカはその考え方に興味を示しており、息子を失った自分とは別の並行世界を信じて、社会性を取り戻す一歩としているとも解釈できそう

共通テーマ:映画