So-net無料ブログ作成

八十日間世界一周 [映画]

1956 アメリカ
06/13(火) 13:00 -
NHKBSプレミアム|175分

これはコメディということになるのだろう。コントのような場面も多い。全体的にリアリティみたいなものをあえて無視して面白さを出そうとしている。まあ大して面白くないけど。
貴族である主人公が世界一周を80日でやれるかどうかの賭けを行うまでが、出だしで、あとは旅に出て、各地での騒動が描かれる。途中、日本にも立ち寄る。横浜なのdが、大仏が出てくるので鎌倉だろうか。ほとんどが丁髷。舞台は1872年、そんなもんだろうか
映画史的に色々意味のある作品。
この時代には受けたのだろうと思う「映画で世界一周を体験する」みたいなテーマ。世界一周の旅の各地で大物俳優たちが多数カメオ出演(カメオ出演というのはこの作品から始まったとのこと)というのも客サービスだろうし。自分はまったくわからなかった。あ、フランクシナトラは見る前にどこにどういう風に出るか調べて知っていたからわかったけど。
テーマ曲がよく聞くもの(CMやテレビ番組のBGM)で、これがオリジナル。
主な出演者
フィリアス・フォッグ:デヴィッド・ニーヴン
パスパルトゥー:カンティンフラス
アウダ姫:シャーリー・マクレーン
シャーリー・マクレーンはデビューしたばっかりのころだ。
この中でパスパルトゥーが目を惹いた。フォッグの召使。まず顔に特徴があり、どこか貧相で日本でいうと松尾伴内のような感じ。その顔どおりに、どこかせこかったり、女好きで軽薄だったり、いい加減だったり。で、そういうことから各地で騒動に巻き込まれながら、多彩な芸を見せる。フラメンコの踊りや、闘牛、インドではアウダを助けるため火葬される夫になり変わったり、横浜では曲芸の一団に加わったり。ここら辺は結構な見せ場。
途中インターミッション入り