So-net無料ブログ作成

墨東綺譚 [映画]

1960 日本
06/12(月) 19:00 -
BS12トゥエルビ|140分
「銀幕の大女優~BS12人の女~」

今月は山本富士子
予定表によると「墨東綺譚」「私は二歳」の二本だけ。後者はすでに見ているから、今回見るのは今作だけか

終盤になるまでは、あまり話も動かず、他愛ない話の背後に、その時代の一部地域の情景描写の妙を楽しめる作品(「細雪」がこの手のものの最高峰だと思われる)のように思えた。
が終盤に話が動き、主人公たちにいくらかの結末がつくのだが、そこらへんの部分はあまり面白くない。

キャストでは相当に有名な人が、端役風のところにクレジットされていた。見ている中で全部を確認することはできなかったが。

番組サイトより--
名作「墨東綺譚」(昭和12年4月、東京朝日新聞夕刊連載)を軸に、「失踪」と「荷風日記」とを組み合わせたシナリオによる文芸映画で、江東の陋巷をさぐって精彩を極めた背景描写の中に、人情のはかなきもののめぐり逢いを纏綿と描きつくした文豪、荷風文学映画の決定版たらしめようとする文芸巨編。(本編尺119分)
--

共通テーマ:映画