So-net無料ブログ作成
検索選択

バニシング IN 60” [映画]

1974 アメリカ
05/26(金) 13:00 -
NHKBSプレミアム|100分

スタントマン出身のH・B・ハリッキーが製作、監督、脚本、主演、スタントを務めるカー・アクション映画。ウィキに拠れば「スタントマン出身のハリッキーが自らハンドルを握る、カーアクション映画のカリスマ的作品である」ということだ。
後半ほとんどを使った追走劇のカー・アクションは流石ではあるが、ちょっと飽きた。ストーリーの面からいうと、こういうカー・アクションの場面ってストーリーとしては「○○が自動車を盗み、逃げ出す。警察が追いかける」だけであり話は進まないので、自分はしょっちゅうボーっとしてしまうのだ。
そういう言い方をすれば、今作品は筋も何も、「自動車盗みを稼業にしているチームが、50台有余の車を盗む仕事を請け負い、後はひたすら盗むだけ」である。
なのであるが、イマイチわかりにくい場面が多々あった。誰が何をやっている場面なんだろうと考えてしまうような。
ニコラス・ケイジ主演の『60セカンズ』はこれのリメイクで、「60セカンズ」に出てきたいくつかのエピソードと大変似通ったものがいくつかあった。リメイク作品との比較はウィキに詳しく載っている。
先にわかりづらいと書いたが今作は大手が作るエンターテイメントとは一線を画していると思われ、『60セカンズ』との違いもそこらにあるようにも思う。
ラストも尻切れトンボみたく感じたな。
ウィキにあるリメイクとの違いで--
主人公が逃げた後
前者では現役の泥棒なので、逃げて終わりである。後者は元々自動車窃盗から足を洗っていたために堅気に戻り、弟の一味も自動車窃盗からは足を洗うという、更生ハッピーエンドになっている
--
とあるが、今作だって、依頼を受けての仕事なんだから、逃げて終わりというか、納入する場面やら、それが間に合ったのかなんかが描かれてもよいのに。

オープニングに映画会社のトレードマークが出ない。
また、ラストに、H・B・ハリッキーに捧げるというような文字が出て、1989に死んだことも表示される。はて、1974年の作品なのにどういうことだろうかと思ったがウィキに答えがあった
--
前略
その後、『60セカンズ』公開に合わせてアメリカ本国でビデオ・DVDが発売されたが、著作権の関係から音楽が全面的に差し替えられており、エンディングもカット※された内容となっていた。2001年に日本で発売されたDVDおよびビデオ版も同内容となっている
※代わりにハリッキー夫人が劇中で使用されたマスタングに同乗して走行するメモリアルシーンを挿入
--
このハリッキー夫人のメモリアルシーンというのが今回の放映にあったから、その映像作品が今回の放映なのだろう


共通テーマ:映画